ページを選択

JMeterの究極のガイド
ロードおよびパフォーマンステストのチュートリアル

JMeterガイドの概要

パフォーマンス テストは、ソフトウェアおよびアプリケーション開発のライフ サイクルにおいて非常に重要な側面です。 ウェブ アプリケーション、サイト、または API が多数のユーザーによって使用される場合、トラフィックのピークまたは高いトラフィックの継続期間に対して、どのように立ち上がるのかを知る必要があります。 パフォーマンス テスト ツールを簡単に検索すると、無料、オープンソース、および商用ベースのオプションが多数表示されます。 そのような人気のあるツールの1つは、Apache JMeterです。 パフォーマンステストを始めた方は、JMeterとは何か自問するのでしょうか? そして、JMeterはどのように機能しますか?

JMeterは、さまざまなウェブサービスやソフトウェアサービス、API(SOAPとREST)、ウェブ アプリケーション、その他のウェブ サービスに対してプロトコルベースのロードテストを実行するための、非常に人気のあるオープンソースのJavaベースのパフォーマンステストツールです。 現在市場で見ている他の性能および負荷テストツールやソリューションと比較して、JMeterは、パフォーマンステスト市場に導入された最も初期のツールの1つであり、現在でも人気があり、広く使用されています。 このガイドでは、JMeterの様々な側面、利点、特徴、および欠点を取り上げるための取り組みについて説明します。 JMeterのしくみ、JMeterのパフォーマンステストの実施方法、JMeterの代替手段などについて説明します。

負荷ストレスパフォーマンステスト

JMeter – どのように動作します

基本的なレベルでは、JMeterは、ユーザーがHTTP(ハイパーテキスト転送プロトコル)要求を作成してサーバーに送信できるようにすることで、アプリケーションまたはサービスへの訪問者をシミュレートすることによって動作します。 その後、サーバー応答データが収集され、ユーザーの統計データがグラフとレポートの形式で視覚的に表示されます。 収集および作成されたレポートから、ユーザーはアプリケーションの動作やパフォーマンスのボトルネックを観察し、アプリケーションの改善が必要な場所を把握できます。 JMeterはブラウザではなく、プロトコルレベルで動作し、JavaScriptのレンダリングなど、クライアントやユーザーが行ったすべてのアクションをサポートしているわけではないことに注意してください。

この制限にもかかわらず、JMeterは、キャッシュマネージャ、クッキーマネージャ、ヘッダーマネージャなどの機能と要素を提供することで、これらの問題の回避策を提供しています。 JMeterはJavaベースのデスクトップアプリケーションなので、JMeterの使用を開始するためには、パフォーマンステストを開始する前に満たす必要があるさまざまな前提条件があります。 たとえば、Java の最新バージョンがインストールされていて、JMeter を使用するには最小システム要件を満たしている必要があります。 SaaS ベースのロード テスト ツールと比較すると、時間とリソースが多少必要になる場合があります。

JMeterは最高の負荷テストツールですか?

ロードビューゴールベース曲線

JMeterは非常に長い間、最も人気のあるオープンソースの負荷テストツールの1つであり、開発者やソフトウェア開発チームがパフォーマンステストを実施する際に快適に使用できる最も一般的なツールの1つです。 さらに、市場での長寿のために、JMeterを使用するためのドキュメント、コミュニティサポート、およびベストプラクティスが大量にあります。 予算作成の観点から、無料のオープンソースソフトウェアであるという事実に加え、開始に必要なリソースがほとんどないため、チームや組織にとって魅力的なソリューションになります。

しかし、技術が変化し、SaaSベースのソフトウェアの台頭が一般的になるにつれて、負荷とストレステストソリューションも普及しました。 JMeterのようなオープンソースの負荷テストソリューションが必要とされていますが、コスト効率の良い月次価格で、すべての機能、メリット、サポートをパッケージ化したクラウドベースのソリューションが数多くあります。 たとえば、プロトコル ベースのテストからブラウザー ベースのテストへの移行は、ユーザーの視点からパフォーマンスを理解するために重要です。 今日の最新のブラウザは、1990年代初期のブラウザと比較して、ウェブ アプリケーションに対してはるかに多くの機能とサポートを提供しています。 クライアント側から必要なパフォーマンス データをすべて収集するには、実際のブラウザーでの負荷テストをサポートできるツールまたはソリューションが必要です。

JMeterによるパフォーマンスと負荷テスト-違いは何ですか?

一般的にパフォーマンス テストについて考えるとき、またはパフォーマンス テストという用語を使用する場合、通常は負荷テストが考えてくることがあります。 さらに、これらの用語は、時には同じ意味で使用されます。 しかし、違いがあります。 負荷テストとストレス テストは、パフォーマンス テスト ファミリ内のパフォーマンス テストのサブセットまたは種類にすぎません。 ロード テストは、さまざまなシステム、ウェブ サイト、ウェブ アプリ、API などで実行できます。 シミュレートされた負荷は、負荷の下でのパフォーマンスとシステム全体の応答を測定するために、通常は低レベルから開始し、時間の経過とともにゆっくりと増加する負荷を適用します。

ストレス テストと負荷テストは関連していますが、ストレス テストの目的は、システムに障害が発生するか、パフォーマンスが低下するまで負荷の量を増やすことにすることです。 通常、ロード テストには、システムが異常に発生しないように、定義済みの負荷制限があります。 その他の種類のパフォーマンス テストには、スパイク テスト、耐久テスト、スケーラビリティ テスト、ボリューム テストなどがあります。 これらの種類のパフォーマンス テストの実行計画と目標は異なりますが、パフォーマンス テストを実行して、アプリケーションの読み込み速度が予想よりも遅い理由を理解したり、ディスクや CPU の使用率に関連するスケーラビリティの問題を特定したり、パフォーマンスを妨げている特定の要素やコンポーネントを特定したりできます。

30日間のロードビューを試してみてください!

クレジットカードなし、契約なし。

JMeterでロードテストを実行する方法:
初心者のためのステップバイステップの指示

JMeterのようなオープンソースのパフォーマンステストツールは、組織が自社のウェブ アプリケーション、ウェブ サイト、APIのパフォーマンステストを実行する機能を提供しますが、商用ベースの、または有料のパフォーマンステストツールに付属する先行投資に対処する必要はありません。 JMeterのようなオープンソースのデスクトップベースの負荷テストソリューションとLoadViewなどの有料のウェブ ベースのソリューションを選択する場合、考慮すべき考慮事項がたくさんあります。 JMeterの初心者の方は、その仕組みを理解し、適切な記事を読んだり、JMeterの使い方を始める方法についてビデオを見たりすることができます。 JMeter のインストール手順と、基本的なロード テストの設定方法について説明します。

ドットコムモニターレポート

手順 1: システム要件を確認する

他のデスクトップアプリケーションと同様に、JMeterを実行するためには、システムが必要な基本要件を満たしていることを確認する必要があります。 このガイドで前述したように、JMeterはJavaベースのアプリケーションなので、Javaがインストールされていることと正しいバージョンを持っていることを確認する必要があります。 JMeterはJava 8以上のバージョンと互換性があります。 また、パフォーマンスとセキュリティのために、JMeterの最新のマイナーバージョンをインストールすることをお勧めします。 JMeterは、異なるWindows、Mac、およびLinuxのオペレーティングシステムで動作することができるので、OSに互換性があるか、または準拠したJava実装を持っていることを確認してください。

ステップ 2: JMeter バイナリまたはソース コードをダウンロードする

システムが必要なシステム要件をすべて満たしていることを確認したら、ご使用の環境や要件に応じて最新のJMeterバイナリまたはソースファイルをダウンロードできます。バイナリファイルにはJMeterプログラムのコンパイル済みバージョンが含まれ、すぐに実行できます。一方、ソース ファイルはパッケージ マネージャを利用せずにインストールできるため、開発者やチームはプログラムを自分で構成およびコンパイルし、インストールしたプログラムをより詳細に制御できます。ほとんどの場合、ソフトウェアのバイナリ バージョンがインストールされます。また、.zipファイルや .tgz ファイル拡張子など、さまざまな種類のファイルのダウンロードがあります。

ステップ3:JMeterのインストールプロセス

JMeterのバイナリまたはソースバージョンを選択すると、それはあなたのシステムにダウンロードされます。 ファイルを開くか、新しい場所に移動するか、システム内に新しいフォルダの場所を作成して、後ですばやくアクセスできるように選択できます。 そこからファイルの抽出を開始できます。 インストールプロセス全体が完了するまでに数分かかることがあります。 オペレーティングシステムによっては、インストールプロセス中に異なる手順が発生する可能性がありますが、JMeterがインストールされると、JMeterの機能は同じになります。

ステップ4:JMeterユーザーインターフェイス

JMeterを起動すると、テストプランウィンドウが開きます。 ここから、テスト計画を作成できます。 このウィンドウには、ウィンドウの左上の近くにあるメニューとメインツールバーへのアクセスが含まれています。 メニューとメイン ツール バーから同じ機能の一部にアクセスできますが、メイン ツール バーを使用すると、ロード テストの作成および構成プロセスで使用するツールや機能の一部にすばやくアクセスできます。 ウィンドウの右上付近には、テスト実行中に時間、ログ(表示/非表示)、およびユーザーのオプションが表示されます。
Editor セクションと呼ばれるメイン セクションでは、ロード テストのさまざまなテスト計画の要素とフィールドを表示および構成できます。 [エディター] セクションの左側に、テストの作成と構成のプロセスを実行する際にテスト計画のツリー ビューが表示され、個々の要素を展開および終了して個々の要素にドリル ダウンできます。

Jメーター

手順 5: ロード テスト計画を作成する

JMeterユーザーは、ロードテスト計画を最初から作成することも、ファイルドロップダウンメニューからさまざまなテスト計画テンプレートから選択することもできます。 テンプレートには、SOAP WebService テスト計画、基本および高度な ウェブ テスト計画、FTP (ファイル転送プロトコル) テスト計画、機能テスト計画などがあります。 これらのテスト テンプレートには、ロード テスト計画の作成および構築に使用する、必要な特定の要素、セクション、およびフィールドがすべて含まれます。 パフォーマンステストやJMeter自体を初めて使用する場合は、テスト計画をゼロから作成するのではなく、より高度なテスト計画に進む前に、テンプレートを使用することを最初に好むかもしれません。

テスト計画を作成するには、単純に[ファイル]に移動して[新規作成]を選択するか、ツールバーから[新規]ボタンを選択します。 テスト計画を作成するには、JMeterをGUIモードで実行する必要があることに注意してください。 CLI (コマンド ライン インターフェイス) は、ロード テストの実行に使用されます。 次に、ロード テストのユーザー数を指定する方法について説明します。

ステップ 6: スレッドグループを作成する

[スレッド グループ] ダイアログ ボックスでは、スレッド数 (ユーザー数)、ランプアップ期間 (秒)、ループ数 (テストイテレーションの数)、遅延、テストの開始時間と終了時間、サンプラー エラー後に実行するアクションなどの複数のスレッド プロパティを設定および調整できます。

 

ステップ 7: サンプラーを設定する

JMeterでは、サンプラーはJMeterが異なる種類のリクエストを送信することを可能にするものです。 たとえば、HTTP 要求 (ウェブ サイト、アプリケーション、API)、FTP 要求、SMTP 要求、TCP 要求など、他の多くの要求を使用できます。 たとえば、ウェブ ページまたは ウェブ サイトに対してロード テストを実行する場合は、[HTTP 要求] を選択します。 ここから、プロトコル (HTTP/S)、サーバー名または IP、パス (特定の ウェブ ページ) などの追加の詳細を入力して、API ロード テストに使用できる GET、POST、HEAD、PUT などの要求の種類を入力して表示されます。

ステップ 8: リスナーの構成

サンプラーの結果を確認するには、次にJMeterでリスナーと呼ばれるものを設定する必要があります。 「JMeter テスト計画」ウィンドウでは、サマリー・レポート、集計グラフ、結果ツリーの表示、結果の表表示、その他多くのオプションなど、さまざまなリスナーから選択して、テスト結果を表示および分析することができます。 さらに、JMeterテストプランに複数のリスナーを追加できます。 この時点から、テスト計画が完了し、テストを実行できます。

手順 9: ロード テスト スクリプトの記録

テスト構成の観点から、基本的な HTTP またはプロトコル レベルのロード テストを実行するだけの場合は、これ以上必要な操作は何もありません。 ただし、ユーザーの操作に類似したテストを構成する必要がある場合は、HTTP(S) テスト スクリプト レコーダーを使用する必要があります。 したがって、JMeter内では、テスト計画にもう一つのステップが追加されます。 スレッドグループ内で、録音コントローラを追加する必要があります。 記録コントローラを使用すると、サイトまたはアプリケーション内を移動することができ、HTTP / S要求を介してあなたのアクションを記録します。 また、ページごとに複数の記録コントローラを追加することもできます。 記録コントローラは時間を節約するため、各リクエストを手動で追加する必要はありません。

しかし、欠点は、HTTP / S要求を記録している、実際にはユーザーの視点から、実際のブラウザ内でステップを記録していないということです。 これで、ブラウザからスクリプトを記録できるJMeterプロキシサーバーを使用することもできますが、設定にはしばらく時間がかかります。 システムのプロキシ設定に入り、JMeter 証明書をインポートしてから、最後にプロキシ設定を構成する必要があります。

また 、EveryStep Web Recorderを使用するLoadViewのようなソリューションは、時間と複雑なセットアップのいずれも使用しない実際のブラウザでのポイントとクリックスクリプトなど、JMeterの記録オプションから大きくステップアップします。 単にレコーダーを開いて、スクリプトを開始します。

手順 10: ロード テストを実行する

ロード テストの詳細と設定をすべて構成した後は、ツール バーの [実行] ボタンを選択するだけで、テストが開始されます。 より良い結果を得るために、CLIモードでテストを実行することを忘れないでください。

手順 11: ロード テストの結果を確認する

選択したリスナーの種類に応じて、テストの実行時に結果を表示できます。 たとえば、[ 結果をテーブルに表示] を選択した場合、実行するたびに、またはユーザーが実行されると、結果が表示されます。 また、結果には、 時間 (ミリ秒)、 ステータス (有効な応答とエラーを示す)、 バイト数と送信バイト数、 待ち時間接続時間などの追加のメトリックも含まれます。 これらの結果から、エラーが発生した箇所や、ロード時間が遅い可能性がある箇所を確認できます。

ブレークポイント
問。

パフォーマンスエンジニアとLoadViewの無料デモをスケジュールし、
詳細については 、詳細なナレッジベース を参照してください。

JMeterによる性能試験
ロード テストとの違い

このガイドの前半では、パフォーマンス テストとは何か、およびロード テスト、ストレス テスト、スケーラビリティ テスト、スパイク テストなど、パフォーマンス テストの傘下に存在するさまざまな種類のパフォーマンス テストについて説明しました。 JMeterの提供内容を見れば、ロードテストやストレステストの実行に最適なことが分かります。 ただし、負荷はデバイスからシミュレートされるため、プロトコルベースのテストに基づいてJMeterを使用して実際のテスト結果を判断することは困難です。

さらに、機能とパフォーマンスをサーバーではなくブラウザに依存するアプリケーションが増えるため、プロトコルベースのロード テストしか実行できないツールからも移行する必要があります。 JMeterのウェブサイトでは、ブラウザのようにJavaScriptを実行またはレンダリングできないことを明確に述べ、応答タイミングのみが含まれています。 アプリケーションやページの読み込み状況をテストできることは、ユーザーエクスペリエンスの大きな部分です。 それだけでなく、ユーザーのすべてが会社と同じ地理的地域に配置されているわけではありません。 また、適切なパフォーマンス テスト ツールは、地理的な地域全体の実際のパフォーマンスに関する洞察を得るための外部分散テストを簡単に実行する方法を提供する必要があります。

LoadView のようなソリューションは、負荷、ストレス、スパイク、スケーラビリティのテストにも適しており、実際のブラウザ、分散テスト、複数の負荷曲線シナリオ、ポイントアンドクリックスクリプティングツールなどの機能を提供するため、サイト、ウェブ アプリケーション、API、その他のウェブ サービスのパフォーマンステストに最適なソリューションです。

JMeterでAPIテストを実行する方法
完全な手順

前のセクションでは、JMeterを使用してウェブサイトまたはアプリケーションでプロトコルベースのロードテストを設定する方法について、ステップバイステップの手順を説明しました。 このセクションでは、SOAP および REST API などのさまざまな API を JMeter でテストする方法について説明します。 インストールとセットアップのプロセスは上記と同じなので、そのプロセス全体を説明したり、取り上げたりしません。 ただし、API テストに関する基本事項と、JMeter での API テストの実行に関する考慮事項について説明します。

REST API テスト

REST (表現状態転送) API 、または RESTful API は、さまざまな ウェブ サービスの開発に使用されます。 SOAP API とは異なり、REST はプロトコルではなく、URI (統一リソース識別子) と HTTP プロトコルに基づくアーキテクチャ スタイルです。 REST は、インターネット上でパブリック API を表示するために一般的に使用されます。 ユーザー/クライアントが REST API 要求を行うときは、インターネット上で何かを検索するようなものです。 探しているデータを入力すると、結果のリストが返されるか、REST API の場合はリソースが返されます。 ただし、REST 要求では、ヘッダー、データ (本文)、メソッド、エンドポイント (URL のルート) など、さまざまなコンポーネントがあります。 要求から返される内容は、通常 JSON 形式または XML 形式ですが、JSON が最も使用されている形式です。 SOAP API は XML 形式のみを許可します。

ページ速度のインサイト

ステップ 1: テスト計画を作成する

まずJMeterを開いてください。 新しいテスト計画ウィンドウが開きます。 JMeter を開いている場合は、メイン・ツール・バーから「新規」ボタンを選択して、新しいテスト計画を作成することもできます。

ステップ 2: スレッドグループを作成する

前のセクションで説明したように、スレッド グループ ウィンドウでは、ユーザー数 (スレッド) を追加し、ランプ アップ時間を設定し、テストイテレーションの数 (ループ カウント) を追加できます。

ステップ 3: サンプラーを設定する

次に、サンプラーを追加する必要があります。 JMeterで事前設定されたサンプラーから選択するか、独自のサンプラーから選択することができます。 この API テスト シナリオの目的で、事前構成済みのオプションを使用することを想定します。 これを行うには、 スレッド グループ を右クリックしてドロップダウン ウィンドウを開きます。 [ 追加] を選択し、次に サンプラーを選択します。 ここからサンプラーのオプションのリストを表示できます。 API をテストする場合は 、HTTP 要求 を選択すると、次のウィンドウが開きます。 ここから、テストに名前を付け、REST API テストの設定を構成できます。 注意すべき点の 1 つは、[HTTP 要求] ウィンドウ内に 2 つのセクション ([基本] と [詳細設定]) があることです。 このテストの基本設定に焦点を当てます。 プロトコル、サーバー名または IP、ポート番号、HTTP 要求 (GET/POST/HEAD/PUT/DELETE など)、パラメーターなど、さまざまなフィールドに注目します。

まず、まず、[サーバー名] または [IP (インターネット プロトコル)] フィールドに適切なプロトコルと共に API URL を入力し、[ パス ] フィールドに API のパスを追加します。 これが GET 要求の場合は、HTTP 要求リストからGETを選択します。 特定のページなど、特定のパラメータがある場合は、[パラメータ] フィールドに URL のその部分を追加できます。 [ パス ] フィールドにも含めることができますが、[ パラメーター] フィールドに追加すると、[URL エンコードの種類]、[ コンテンツの種類]、[ 次の値を含める] などのフィールド オプションが追加できます。

最後に、いくつかの要求では、要求ヘッダーを指定する必要があります。 これを行うには、[テスト計画] ウィンドウで HTTP 要求 に移動します。 右クリックすると、ドロップダウン メニューが開きます。 ここで、[ 追加] を選択し、 [ コンフィグレーション要素 ]を選択します。 このドロップダウン メニューに関する追加の注意点は、API 認証メソッドを追加する場所でもあります。 選択したオプションが開きます。 この例では、[ HTTP ヘッダー マネージャ] を選択します。 これにより 、[HTTP ヘッダー マネージャー ] ウィンドウが開き、API ヘッダーを追加できます。 設定を確定したら、次の手順に進むことができます。

ステップ 4: リスナーの追加

リスナーは、テスト結果を保存および表示するために使用されます。 リスナーは必要な数だけ追加できます。 リスナーを追加するには、 スレッドグループ を右クリックし、[ 追加]、[ リスナ] の順に選択します。 ドロップダウン メニューが開き、15 以上のオプションから選択できます。 一般的に選択されるリスナーには、[結果ツリーの表示] と [結果をテーブルに表示] があります。 結果ツリーの表示などのグラフィカル表現を提供するリスナーの場合は、より多くのメモリと CPU を消費します。 リスナーが追加されたら、テスト計画を保存できます。

手順 5: テストを実行し、結果を表示する

ロード テストの詳細と設定を構成して保存した後、ツール バーの [実行] ボタンを選択すると、テストが開始されます。 サンプラーの結果がウィンドウに読み込まれるのが表示され、REST API テストの待ち時間、応答コード、接続時間など、さまざまな詳細、データ、メトリックが提供されます。

SOAP API テスト

REST (表現状態転送) API、または RESTful JMeter での SOAP (シンプル オブジェクト アクセス プロトコル) API テストの作成は、REST API ロード テストを作成する手順と似ています。 ただし、SOAP は、独自のプロトコルであるため、REST API とは異なるので、セキュリティとコンプライアンス、帯域幅 (通常は SOAP API に必要なリソースが多い) などの SOAP API をロード テストする際に、必要な考慮事項があります。 JMeter で SOAP API テストを作成するための手順を見てみましょう。

ページ速度のインサイト

ステップ 1: テスト計画

前のセクションではこの問題について触れましたが、JMeterはさまざまなテスト計画テンプレートを提供しています。 これらは、メインツールバーにあるメニューまたは テンプレート アイコンからアクセスできます。 SOAP Web サービス テストプランの構築というオプションがあります。 これを選択すると、テスト計画が作成され、開きます。 ユーザー定義変数、HTTP 要求の既定値、ユーザー数などの追加のセクションが表示されます。 また、これはテンプレートであるため、適切なデータと情報を入力する必要があるフィールドの一部にプレースホルダ値もあります。

ステップ 2: スレッドグループ

REST API の構成で説明したように、ユーザー数、または スレッド、ランプアップ期間、 ループ、またはテスト反復を追加する必要があります。 メインスレッドグループ内のサブグループとして、REST API のセットアップで説明したように 、HTTP リクエスト 設定にアクセスできます。 ただし、このセクションの外観は、SOAP API 要求の本文を表示する既定であるため、少し異なります。 また、HTTP ヘッダー マネージャ応答アサートサブセクションも含まれます。 また、REST API の構成と同様に、特定の承認の詳細を含める必要がある場合に 、HTTP 承認マネージャーなどの構成要素を追加することもできます。

ステップ 3: サンプラーをテストする

SOAP API ロード テストの場合は 、HTTP 要求サンプラーを追加します。 このウィンドウから、 サーバー名または IP、パス、HTTP 要求、ポート番号などの適切な詳細、および SOAP 要求の 本文データ を入力できます。

 

ステップ 4: リスナーをテストし、テストを実行する

テスト計画を構成したら、リストの最後の項目は、テストの結果を表示するリスナーを追加することです。 この場合も、SOAP API ロード テストに必要な数だけリスナーを追加できます。

 

手順 5: SOAP API ロード テストを実行する

テスト計画の構成と設定が完了したら、最終的に SOAP API ロード テストを実行し、完了したら結果を確認できます。

JMeter を使用した REST および SOAP API テスト: 概要

ご覧のとおり、JMeter を使用して REST または SOAP API ロード テストを設定する場合、さまざまな手順と構成オプションが用意されており、テストの実行ではなくテストのセットアップに多くの時間を費やしています。 LoadView のようなソリューションでは、REST API または SOAP API のテストを作成する際に、簡単なオプションとナビゲーションを提供します。 LoadView ソリューションは、これらの複雑な手順をすべて削除し、各手順を説明するユーザー フレンドリなインターフェイスを提供するため、時間のかかる構成やテストの微調整に時間がかかったり、時間を費やしたりすることがなくなります。 また、このソリューションでは、さまざまな負荷曲線を使用してテストを実行し、テスト要件をよりシミュレートできるだけでなく、API テストを実行する 20 以上の地理的な場所を提供することもできます。 JMeterでは、ユーザー数、またはスレッドは、デバイスのハードウェア機能に依存し、ユーザー数やテスト結果に影響を与える可能性があります。 次のセクションでは、LoadViewと他のJMeterの選択肢について詳しく説明しますので、さまざまな負荷テストソリューションが提供するものについてより良いアイデアを得ることができます。
負荷ストレスパフォーマンステスト
30日間のロードビューを試してみてください!

クレジットカードなし、契約なし。

JMeterの選択肢 – 無料と有料

開発者またはソフトウェアのテスト者は、機能テストは重要ですが、パフォーマンス テストはソフトウェア開発プロセスの重要なステップであることをご存知でしょう。 アプリケーションは正常に動作するかもしれませんが、数百または数千のユーザーにヒットしたときにアプリケーションが正しく読み込まれない場合は、何が良いですか? ユーザーにとっては、これはフラストレーションを引き起こし、その後、彼らはそれが計画していたものは何でも残します。 彼らが戻ってくることを望むことはできません。 ウェブ サイト、アプリケーション、API が、外部から、異なる地理的地域から、または内部で、組織内からアクセスされる予定の多くのユーザーがアクセスする場合は、読み込み時間が低く、応答時間が速く、コンテンツが正しくレンダリングされることを確認するためにテストする必要があります。 これらのすべてのメトリックは、シームレスなユーザー エクスペリエンスを提供する責任があります。

適切なパフォーマンステストツールは、すべての違いを作ることができます。 無料、オープンソース、および有料のパフォーマンス テスト ツールとソリューションに不足はありませんが、実際には、ニーズ、チームの専門知識、予算に最適なものまでです。 JMeterのようなオープンソースのパフォーマンステストツールは無料ですが、今日のアプリケーションが必要とするパフォーマンステストの要求の一部を満たすことができません。

ビューを読み込む

LoadViewは、今日の市場で最高の有料パフォーマンステストソリューションの1つです。 このソリューションでは、ポイントアンドクリックスクリプトレコーダー、ロードインジェクタサーバーのグローバルネットワークへのアクセス、さまざまな負荷曲線シナリオを設定してテストの柔軟性を高める機能など、多くの機能が提供されます。 JMeterとは異なり、追加のインフラストラクチャや考慮事項は必要ありません。 すべてがあなたのために管理されています。 また、プロトコルレベルの負荷テストしか提供できないJMeterとは異なり、LoadViewは実際のブラウザを使用するため、最も重要なサイト、アプリケーション、APIの実際のパフォーマンスを確認できます。 また、LoadView には、静的プロキシ IP のホワイトリスト登録やオンサイト エージェントの使用など、ファイアウォールの背後にあるアプリケーションでテストを実行するなどの複数のオプションも用意されており、パフォーマンス テストに関してチームとチームの柔軟性がさらに向上します。

ロゴ alt を表示します。
ビューを読み込む

LoadView は、パフォーマンス レポートやダッシュボードを読みやすくするため、どの要素が最適なパフォーマンスに寄与しているのかを明確に理解できるほか、ウェブ ページや ウェブ アプリケーションのテストに対するリファレンス ビデオを含めることができるので、ビデオをレポートと比較できるため、ユーザーの視点から見た目を直接確認して比較できます。 LoadViewは、他のツールがどのようなプランを使用していても、すべての顧客に対して24時間365日のサポートと共に、月ごとのプランと年間プランを提供しています。 LoadView は、Dotcom-Monitor のソリューションと同じプラットフォームを使用するため、ロード テスト中に作成したスクリプトを使用して継続的な監視を行うことができます。 最後に、LoadView は常に新しい機能を開発およびリリースしています。 最近の更新プログラムには、ストリーミング メディアのロード テストや Postman コレクションのロード テストのサポートが含まれています。

ウェブロード

ウェブロード

RadViewのWebLoadは、お客様とチームに適したロードテストツールを見つける研究を行う際に遭遇する可能性のある、商用ベースのパフォーマンステストソリューションです。 WebLoad には、特定のニーズに応じて、セルフホステ型モデルとクラウドベースモデルの 2 つの異なるオプションがあります。 どのオプションを選択しても、ソフトウェアの外観と雰囲気は同じです。

ただし、オンプレミスバージョンはJMeterに似ており、独自のハードウェアからホストして管理する必要がありますが、WebLoadプロバイダーは、お客様のクラウドプロバイダー内でホストするような追加機能を備えています。 企業が自己ホストを選択する理由は、セキュリティの問題やポリシーが原因で、展開をより詳細に制御できるだけである可能性があります。 SaaS ベースのオプションは、テスト インフラストラクチャが完全に管理されている LoadView に似ています。

テスト スクリプトの作成に関しては、WebLoad スクリプトは、プロキシ ベースのレコーダーとして Selenium を使用してロード テストシナリオをスクリプト化しますが、Selenium に慣れていない場合は使いにくいことがあります。 Selenium 自体には欠点がありますが、同時ユーザー数、レポート、テクニカル サポートなど、ロード テスト機能を提供する WebLoad が提供されます。 価格とプランに関しては、価格はサイトではご利用いただけませんので、価格についてはご連絡ください。 さらに、プランは、トライアル、プロフェッショナル、エンタープライズの 3 つのオプションに制限されています。 彼らのプロフェッショナルプランは、3つの負荷発生器のみを提供しています。 無制限の場所にアクセスするには、エンタープライズ プランを選択する必要があります。

茄子

Keysight TechnologiesのEggplantは、機能テストやモニタリングなど、ソフトウェア開発プロセスのすべての要素に対応して設計された自動化プラットフォームです。 このソリューションでは、AI支援によるテストを行い、テスト時間を短縮し、ソフトウェアアプリケーションの迅速な展開を実現します。

ナス ロゴ

JMeterと同様に、パフォーマンステスト製品であるEggplantの性能は、お使いのローカルシステムにインストールする必要があります。 他のソフトウェアと同様に、インストールするには満たさなければならない特定の前提条件があります。 さらに、Eggplantのパフォーマンスは、パフォーマンススタジオ、テストコントローラ、アナライザ、パフォーマンスインジェクタ、ウェブ 仮想ユーザーなど、さまざまなハードウェア要件を持つ複数のコンポーネントで構成されています。

ナスのパフォーマンスは、特に経験の浅いユーザーのために、いくつかのトレーニングを必要とします。 スクリプト ツールは、サーバー/クライアント間のすべての HTTP トラフィックをキャプチャするプロキシ レコーダーとして機能します。 ユーザーには、Selenium ファイルや HAR (HTTP アーカイブ) ファイルからスクリプトをインポートするなどの追加オプションがあります。 他のロード テスト ツールと比較した価格の面では、価格は記載されていないので、見積もりについてはチームに連絡する必要がありますが、無料試用版を提供しています。

ストレス刺激ロゴ

ストレス刺激

ストレス刺激は、ウェブ サイト、ウェブ アプリケーション、および API のテストに使用できる負荷およびストレス テスト ソリューションです。 製品はローカルマシンにダウンロードする必要がありますが、クラウドから実行するように設定できます( 自分のマシン、プライベートクラウド、または AWS (アマゾン ウェブ サービス) や Azure などのパブリッククラウドネットワークでインスタンスを作成したロードジェネレータを使用するか、単一のマシンからオンプレミスにインストールする場合でも同様です。

このツールには、テスト ウィザードを使用したブラウザーからの負荷テスト スクリプト/シナリオの作成、多くのプロトコルと ウェブ アプリケーション テクノロジのサポート、基本認証方法のサポートなど、さまざまな利点と機能が用意されています。 ストレス刺激は、Fiddlerと連携してパフォーマンステストとデバッグを組み合わせることもできます。 ストレス刺激は無料、プロ、エンタープライズ、サービスプロバイダーなどの複数の製品エディションを提供し、各エディションは、ユーザーが特定の機能や利点にアクセスすることができます。

ガトリング

ガトリングは、もう一つの人気のあるオープンソースのロードテストツールです。 JMeterと同様に、パフォーマンステスト業界では非常に長い間続いています。 ガトリングは、Scala、Netty、Akkaといういくつかの異なるテクノロジーをコアに使用しています。

ガトリング

通常、Python、JavaScript、PHP、C#などのフレームワークは、あなたが見るより一般的なフレームワークの一部です。 それにもかかわらず、Scalaはほとんどのシステムで実行できるため、ガトリングは依然として人気があり、広く使用されています。 コードとしての負荷テストの作成、(JMeterとは異なり)の複数の仮想ユーザーの実行など、ガトリングの利点のいくつかは、CI環境に統合することができます。 しかし、これらの利点にもかかわらず、Gatlingはサポートする技術とプロトコルの数が限られており、ユーザーフレンドリーなインターフェイスを提供しておらず(チームがより技術的であれば要因ではない可能性があります)、オープンソースのソリューションであるため、必要なときに助けやサポートを受ける能力を制限する可能性のあるメンバーのコミュニティが小さくなります。

マイクロフォーカス

ロードランナー

MicroFocus の LoadRunner は、多くの開発者やチームが長年前から聞いたことのある、あるいは使用してきたもう 1 つのレガシーロードテストソリューションです。 時間が経つにつれて、機能と名前が変更されました。 現在、ロードランナー プロフェッショナル、ロードランナー エンタープライズ、ロードランナー クラウド (旧ストームランナー) の 3 つの異なる LoadRunner パッケージがあります。

LoadRunner の機能と利点には、50 を超える ウェブ およびモバイル アプリケーションテクノロジとフレームワークのサポート、50 を超えるスクリプト テクノロジのサポート、チームが既に使用している多くの CI (継続的インテグレーション) およびコラボレーション ツールとの統合が含まれます。 LoadRunner とその製品とソリューションファミリは、常にエンタープライズレベルのロード テスト ソリューションの多くであり、これらのソリューションと関連ソリューションのコストは、他のクラウド ベースのロード テスト ツールと比較して非常に高くなります。

飛蝗

ローカストはPythonフレームワークに基づくオープンソースのロードテストツールです。 ここで説明した他のオープンソースツールと同様に、Locust の利点は、コードでロードテストを作成する方法を提供することですが、ユーザーインターフェイスがないため、LoadView ソリューションが提供するような使いやすいスクリプトレコーダの機能はなく、HTTP プロトコル応答をキャプチャしてサポートするだけです。 クライアント レベルでのパフォーマンスの理解には適していません。

飛蝗

しかし、Python に慣れた知識豊富なチームがあり、小規模なロード テストを実行している細かい場合は、問題ではありません。 さらに、Locust では、クラウドベースのロード テスト プラットフォームとは異なり、ローカル コンピューターを使用して分散テストを実行する必要があり、同時ユーザー数をサポートできない場合は、追加のコンピューターを使用する必要があるため、もう一度考慮すべき追加の考慮事項があります。

ブレイズメーター

ブレイズメーター

BlazeMeterは、JMeterのオープンソース機能に基づく有料のSaaSベースの機能およびパフォーマンステストツールであり、ロードテストのスケーリング、外部ロードインジェクタへのアクセス、包括的で読みやすいレポートやダッシュボード、ガトリング、セレン、ローカスト、キュウリなどの他のオープンソースプラットフォームのサポートなどの機能を拡張します。

ユーザーは、クラウドからのロード テストの利点の一部を使用して、無料のオープン ソース ツールを使用する利点を得る. ただし、使いやすいポイントとクリックスクリプトレコーダー、ファイアウォールの背後でのテスト、24時間365日のサポートなど、すべてのLoadViewプランに含まれる機能の一部は、上位のBlazeMeterプラン内でのみアクセス可能です。

30日間のロードビューを試してみてください!

クレジットカードなし、契約なし。

ガトリング対JMeter対ロードビュー

このガイドで説明したように、パフォーマンス テストで決定するツールは、オープンソースまたは有料のロード テスト ツールのどちらであっても、テストするアプリケーション、テクノロジ、プロトコルをサポートし、ユーザーフレンドリで、必要なレポートとデータを提供できるため、パフォーマンスの問題が発生している場所を適切に把握できます。

我々はすでにより人気のあるJMeterの選択肢のいくつかについて話しましたが、今私たちは、ガトリング、JMeterとLoadViewを比較してみましょう、そして、我々は負荷とストレステストのウェブ アプリケーション、サイト、およびAPIに最適であると考えています。

適切なパフォーマンステストツールの選択: ガトリング対JMeter対LoadView

適切なパフォーマンス テスト ツールを選択する場合、各ツールが提供する一定の長所と短所が常にあります。 ガトリングとJMeterは、開発チームによるカスタマイズや変更を行う機能を提供する、一般的なオープンソースツールです。 ただし、チームがこれらのツールを使い始めたばかりであれば、学習曲線が多くなる可能性があります。 スクリプトの柔軟性には、多くの場合、追加の構成が付属しており、最終的には意図したよりも時間がかかる可能性があります。 一方、LoadViewは、ブラウザベースのテストを実行できるクラウドベースのパフォーマンステストソリューションであり、JMeterとGatlingが提供していない機能である実際のブラウザからのスクリプト作成をサポートしています。 さらに、ガトリングとJMeterの両方がローカルデバイスにインストールされているため、大規模なテストを実行することは、システムの制約により困難です。

ブラウザベースのロードテストツールの利点

LoadView のようなブラウザベースのロード テスト ツールには、オープンソースツールでは提供できない多くの機能と利点があります。 たとえば、ロード テスト ウェブ アプリケーションの場合、LoadView は、ユーザーが意図したアプリケーションまたはページを移動するだけでスクリプト (デスクトップおよびモバイル ブラウザー) を作成できる EveryStep Web レコーダーを使用します。 JMeterやガトリングのようにコーディングや手動スクリプトは必要ありませんが、スクリプトを何らかの方法でカスタマイズする必要がある場合は、そうすることができます。 セットアップとテストの構成も簡単で簡単です。

ストリーミング メディア ロード インジェクタ ペイロード

LoadView ソリューションでは、プロセスの各ステップを実行できるため、チームはテストの実行に集中できます。 最後に、LoadView ユーザーは世界中の 20 を超えるロード インジェクタ サーバーにアクセスできます。 レポート、ダッシュボード、ウォーターフォールチャートを表示して、アプリケーション、ウェブ サイト、または API がロードテストにどのように応答したかを把握できます。

ブレイズメーター対JMeter対ロードビュー

このガイドの前のセクションで触れたように、BlazeMeterはJMeterのクラウドベースの負荷テストバージョンであり、開発者がロードテストを次のレベルに引き上げる方法を提供し、JMeterの限界(レポート作成、スクリプト/プロトコルサポート、複雑なウェブ アプリケーションのテストなど)を排除します。 BlazeMeter と LoadView は、どちらもクラウドベースのロード テスト プラットフォームであり、開発者とチームは、負荷テストをスケールアップし、複数の地理的場所から実行できます。 しかし、LoadViewのようなソリューションと比較して、BlazeMeterは複雑で高価なソリューションであり、負荷テスト機能以上のものを提供し、パッケージやプランの一部として機能テストとAPIテストとモニタリングを提供しています。

JMeterのようなオープンソースの負荷テストツールは依然としてパフォーマンステストの場を持っていますが、ウェブ アプリケーションとテクノロジーはより複雑になりつつあります。 LoadView は、一般的なプロトコル、フレームワーク、およびブラウザ、より現実的なテストのためのさまざまなロード カーブ オプションをサポートし、市場の他のクラウド ベースのソリューションと比較してコスト効率の高いソリューションです。

フレキシブル。 スケーラブル。 強い。

1つの便利なロードテストソリューションからすべて。

究極のJMeter FAQ

パフォーマンス テストは、アプリケーション開発プロセスの重要な部分です。 JMeterなどのオープンソースツールは、開発者やチームがプロトコルベースのロードテストを実行するための無料で簡単な方法を提供します。 パフォーマンス テストだけでなく、ウェブ アプリケーションの開発に費やされた時間と労力が、ユーザーの前に置かれたときにも報われることを保証します。 アプリケーション、サイト、および API の読み込みが遅いと、エクスペリエンスが損なわれます。 JMeterは、非常に長い間使用されてきた負荷テストツールであり、機能、機能、および構成に関する考慮事項が豊富に含まれています。

以下はJMeterに関してよく寄せられる質問と回答です。

目次

 

JMeterのランプアップ期間は何ですか?

JMeterでロードテストを構成する際、ユーザーが考慮しなければならないフィールドの1つは、ランプアップ期間です。 ランプアップ期間は、テストで設定したユーザー数 (スレッド数) に達するまでにかかる時間の長さです。 たとえば、スレッド数を 5 に設定し、ランプアップ期間が 50 秒の場合、各スレッド間に 10 秒の遅延が発生します。 ランプアップ期間を設定すると、すべてのスレッドが同時に実行されることがないようにし、テストの開始時にワークロードが高すぎることを回避できます。

 

JMeter JSON 抽出器とは何ですか?

JMeter JSON (JavaScript オブジェクト表記法) 抽出器、または JMeter で呼び出されるように、JSON ポストプロセッサは、名前が示すとおりに行います。 これにより、JSON 応答からデータまたはテキストコンテンツを抽出し、要求と比較したり、それらの値を別の要求に渡したりできます。 このガイドでは、JMeterテストの実際の作業を行うJMeterサンプラーについて、このガイドで先ほどお話ししました。 JSON 抽出を使用している場合は、この要素は、指定したサンプラーの下に子要素として作成する必要があります。

 

JMeterをコマンドライン形式で使用できますか?

JMeterのロードテスト計画はGUI(グラフィカルユーザーインタフェース)モードで作成されます。 テストが作成されると、テスト自体は、以前は非 GUI モードと呼ばれた CLI (コマンド ライン インターフェイス) モードで実行できます。 CLI モードでテストを実行すると、メモリの消費量が少なくなるため、ロード ジェネレータで使用できるスレッドが増えます。

 

JMeterの最大スループットは何ですか?

JMeterが使用できるスループットの量は、ローカルマシンのハードウェアによって異なります。 スループットは試行錯誤によって判断でき、ユーザー数やスレッド数を増やしたり、メモリ容量のヒットに関するエラーメッセージを受け取り始めたりすることができます。 CLI モードでの実行、ヒープ領域の増加、メモリの増加、Wi-Fi ではなく LAN (ローカル エリア ネットワーク) 接続の使用、または追加のコンピューター間でのスクリプトの実行など、ユーザー数を増やす方法がいくつかあります。

 

JMeterは最高の無料負荷テストツールですか?

JMeterは、最も人気のある無料のオープンソースロードテストツールの1つですが、他にも無料のロードテストツールがたくさんあります。 サポートが必要なアプリケーションやテクノロジ、チームの機能、および必要なテスト結果とレポートの種類が示されます。 さまざまなスクリプト フレームワークと機能拡張機能を使用するツールは多数存在するため、ニーズに最も適したものを見つけることが重要です。 有料のロード テスト ソリューションは、通常、より完全で、ロード テストを手動で作成して構成する必要がある多くの手間を省きます。

 

JMeterに代わる最良の選択肢は何ですか?

今日、開発チームとパフォーマンステスターはJMeterに多くの無料で有料の選択肢を持っています。 上記のセクションでは、ロードビュー、WebLoad、ブレイズメーター、ロードランナーなど、これらのいくつかの説明を行いました。 有料ツールの利点の一部は、ロード テストの構成とスクリプト化に要する時間を短縮し、通常は多くのテクノロジやフレームワークをサポートし、より多くの負荷ジェネレーターへのアクセスを提供してネットワークを管理する必要がなくなり、専用のサポートを提供することです。

 

JMeterのインストール方法は?

JMeterのインストールは簡単で簡単ですが、ローカルマシンにインストールする必要があるため、JMeterをインストールするマシンは特定のシステム要件を満たす必要があります。 さらに、JMeterはJavaアプリケーションであるため、準拠しているか、Javaの最新バージョンがインストールされている必要があります。 JMeterは、ユーザーが選択するためのバイナリファイルとソースファイルの異なるカップルを提供します。

 

JMeterを使用してテストをロードするにはどうすればよいですか?

JMeterを使用してロードテストにはいくつかのステップがあり、これらのステップは、それがテストであるかによって異なる場合があります。 JMeter を使用して負荷テストを設定するプロセスについては、このガイドの前のセクションで詳しく説明しましたが、簡単に言えば、JMeter を使用したロード テストの手順は次のとおりです。

  • ロード テスト計画を構成します。
  • スレッド グループを追加および構成します。
    • 録音コントローラ
    • スレッド数 (ユーザー)
    • ランプアップ期間
    • ループ数 (反復)
  • テスト スクリプト レコーダー (ユーザーの操作を記録する場合)
    • ネットワーク設定
    • 証明書のインストール
    • ブラウザの設定
  • サンプラーの追加と構成
    • HTTP、FTP、SMTP、または TCP 要求など
    • サーバー名または IP
    • URL パス
  • リスナーの追加と構成
    • 概要レポート、集計グラフ、結果ツリーの表示、結果の表表示など
  • テストの実行
    • テスト結果を収集および表示します。

JMeter BeanShell アサーションの良い例は何ですか?

JMeter内では、組み込みのBeanShellコンポーネントを使用できます。 BeanShell はオープンソースの Java ベースのインタープリターです。 BeanShell は、アプリケーションやスクリプトの機能拡張、デバッグ、Java オブジェクトや API の動的な操作など、さまざまな利点をユーザーに提供します。 JMeterは、テストシナリオに応じて多くのアサーションをサポートしています。 JMeter の BeanShell アサーションを使用すると、ユーザーは BeanShell スクリプトを使用して特定のアサーションを確認できます。 この例としては、サーバーが特定の応答や文字列、または JSON フィールドの値を返しているかどうかを確認する場合があります。 また、スクリプトに実装できる定義済みの変数もあります。 JMeter内では、JSR223テスト要素に移行し、BeanShellからGroovy関数に切り替える必要があります。

 

JMeterオンライン認証などはありますか?

JMeterサイト自体を通じて公式のJMeterオンライン認証はありませんが、ブレイズメーター、ウデミー、VSkills、エドゥレカなどの他の企業がJMeterオンライン認証を受けています。 また、YouTube の通常の JMeter ユーザーから、特定の手順を説明したり、発生している可能性のある問題のトラブルシューティングを支援する優れたチュートリアルもあります。

 

JMeter は JSON 応答を解析できますか?

JMeterでのテスト計画の作成とセットアップ中に、ユーザーはいくつかのポストプロセッサから選択することができます。 これらのうちの 1 つに JSON 抽出器が含まれます。 この機能を使用すると、ユーザーは JSON-PATH 構文を使用して必要な特定のデータを取得でき、(子要素として) サンプラーの後に構成されます。 JSON-PATH ポストプロセッサウィンドウには、名前、変数名、JSON パス式、一致番号、コンピューティング連結 var など、いくつかの属性があります。

 

あなたはジェンキンスとメイブンとJMeterを使用することはできますか?

JMeterは、ジェンキンスやメイブンのようなCI / CDと管理ツールで使用することができます。 ジェンキンスは、JMeterのようなオープンソースのJavaベースのツールでもあり、ユーザーはテストを自動化することができます。 Maven は、Java ベースのプロジェクトのビルドと管理に使用されます。 ジェンキンスとJMeterを使用するには、アクティブなジェンキンスアカウント(Gitプラグインのインストール)を持ち、JMeterがインストールされているのと同じマシンにジェンキンスがインストールされている必要があります。 JMeter スクリプトは、ジェンキンス経由でアクセスできるように Git に保存する必要があります。 アカウントを結び付けたら、Jenkinsを使用してテストを設定して作成するプロセスを実行できます。 Mavenを使用すると、JMeterはGitHubを介してアクセスできるプラグインを提供し、ユーザーはスクリプトとして実行するのではなく、Mavenプロジェクトを通じてテストを実行することができます。

 

JMeterポストプロセッサとは何ですか?

JMeterロードテストのセットアップ内には、プリプロセッサとポストプロセッサがあります。 プリプロセッサは、ウェブ ページからデータを取得するなど、サンプラー要求の前に何らかのアクションを実行します。 一方、後処理はサンプラー要素の後に実行され、通常は HTTP 応答からデータを抽出または解析するために使用されます。

 

JMeterのプレブ変数とは何ですか?

prev変数は、スクリプトが実行される前に Apache Groovy スクリプトで使用されるいくつかの変数の 1 つです。 その他の例としては、 ログ (ロガー )、ctx (JMeterContext オブジェクト )、vars (JMeterVariables オブジェクト)、 小道具 (JMeter プロパティ)、 スレッド名、サン プラーなどがあります。 prev 変数は、HTTP 要求スレッド グループの接続時間、待機時間、バイト、URL 情報などの特定の情報を取得するなどの、JSR223 ポストプロセッサ アクションで使用できます。

 

JMeterはプロキシ証明書を必要としますか?

JMeter HTTP(S)テストスクリプトレコーダーを利用する場合、ユーザーはその機能を使用できるようにさまざまな構成手順を実行する必要があります。 これらのステップの1つは、ブラウザからアクションをスクリプト化するためにJMeterプロキシサーバーを起動することです。 そのためには、JMeterユーザーはJMeter CA(認証局)証明書をインストールする必要があります。 HTTP/S 接続では、サーバーとクライアント/ブラウザ間の接続を認証するために証明書を使用します。 JMeter CA証明書をインストールすると、JMeterはサーバーとして機能し、ブラウザからHTTPS(ハイパーテキスト転送プロトコルセキュア)応答を引き出すことができます。

 

JMeterセッションの期限が切れないようにするにはどうすればよいですか?

各 JMeter サンプラーには、接続タイムアウト、読み取りタイムアウト、応答タイムアウト、クエリタイムアウトなど、さまざまなタイムアウトパラメータの設定など、特定の設定オプションがあります。 サンプラーがタイムアウトをサポートしていない場合は、ロード テスト中にタイムアウトしないように十分な長さを設定する必要があります。

 

JMeterセッションの期限が切れないようにするにはどうすればよいですか?

JMeter のサンプル テスト、ダイアログ ボックス、ステップ、およびすべての JMeter テスト要素のスクリーンショットは、JMeter の ウェブ サイト、JMeter Wiki、JMeter FAQ セクションのほか、GitHub、GitLab、Guru99、Bitbucket などのサードパーティの IT ラーニングおよびリソース ハブを通して見つけることができます。 JMeterは、コンテンツとコミュニティ支援のサポートの広範な知識ベースを持っています。

 

JMeterに代わる最良の選択肢は何ですか?

JMeterのようなオープンソースの負荷テストツールはJMeterとプログラミングの知識の広範な知識だけでなく、テストを設定し、実行するための経験豊富なチームが必要です。 JMeterはロードテストの初期のパイオニアの1つでしたが、ウェブ サイト、アプリケーション、APIはより複雑になり、新しい負荷テストツール、ソリューション、テクノロジーが必要です。 私たちは、ガトリング、LoadView、WebLoad、ロードランナー、ローナビット、ブレイズメーターなど、このガイドのJMeterに対して、オープンソースと有料の多くの選択肢について議論してきました。 無料のオープンソースのオプションは最初は魅力的に見えるかもしれませんが、多くの追加の手動構成と作業が付属しています。 LoadView のような ウェブ ベースのソリューションでは、テスト担当者やチームが実際のブラウザーで負荷テストに集中でき、負荷インジェクタや追加ハードウェアを管理する必要が発生する負担からそれらを節約できます。 LoadViewは、最新のプロトコルと技術をサポートし、Postmanのようなサードパーティ製のツールをサポートし、世界中のクラウドロードインジェクタサーバーのネットワークを提供します。

 

ロードテストツールの費用を支払う価値がありますか?

多くの優れたオープンソースのロードテストツールがあり、このガイドでそれらのいくつかについて説明しました。 無料のツールを渡すのは難しいですが、オープンソースのソリューションは、あなたが必要とするすべての機能を提供するわけではありません。 有料ロード テスト ツールの多くは、複数のプロトコル、サードパーティ統合、スクリプティング ツール、複数の価格プラン、および必要なときにいつでもサポートへのアクセスをサポートしています。 さらに、JMeterで見たように、それは使用するために多くの知識を必要とする非常に複雑なツールです。 テスト計画の設定には多くの手順が必要であり、さまざまな構成を考慮する必要があります。 JMeterを使用したことのない場合は、それを正しく取得するためにいくつかのテストが必要な場合があります。 有料のロード テスト ツールは通常、プロセスを段階的に実行するため、テスト計画の完了が完了する前に、すぐに実行できます。 より多くのテストを作成したり、テストに戻って再構成する時間を無駄にする必要はありません。 テストする必要があるテクノロジ、優れた機能セット、および予算内のすべてをサポートするツールを見つけることができれば、負荷テスト ツールの費用を支払う価値があります。

ロードビューロードテストのロードカーブ

当社のロードテストソリューションLoadViewは、コスト効率の良いパッケージで、最高のクラウドベースのロードテストをユーザーに提供します。 実際のブラウザではないJMeterとは異なり、プロトコルベースのテストを利用するだけであり、このガイドで説明したように、今日のウェブサイトやアプリケーションには不十分です。 パフォーマンスの実行の多くは現在、ブラウザーにプッシュされるため、ブラウザー内で実際のユーザー アクションをスクリプト化、実行、およびシミュレートできるソリューションを持つことは重要です。 JMeter は JavaScript を実行できず、したがって AJAX (非同期 JavaScript と XML) 要求を実行できないため、多くのパフォーマンス テスターにとって大きな欠点です。 LoadView は、エブリステップ ウェブ レコーダと共に、JavaScript、AJAX、Java、HTML5、PHP などの動的な ウェブ アプリケーションテクノロジをサポートします。 ロード テスト スクリプトの作成は、通常のユーザーのようにアプリケーション間を移動するのと同じくらい簡単です。 さらに、LoadViewプラットフォームは、より現実的な条件を提供し、より良いテストとレポート結果を提供するJMeterが提供するように、ローカルマシンから生成された負荷ではなく、クラウドベースの負荷発生器の世界的なネットワークをユーザーに提供します。

ロード テストを
次のレベル

無限のスケーラビリティで比類のない機能を体験できます。 クレジットカードなし、契約なし。