ページを選択

ビジネスを維持し、大きな収益を上げる ウェブ サイトやアプリケーションがある場合は、パフォーマンス テストを採用して、成長に伴って機能が崩れないことを確認する必要があります。 ウェブ サイト/アプリケーションのパフォーマンス テストでは、一定の負荷のかかる ウェブ サイトの速度、スケーラビリティ、安定性が決定します。 パフォーマンス テストは、製品と機能を起動する前に、ビジネス クリティカルなトランザクションとユーザー エクスペリエンスの分析に関わるすべての関係者に有用なデータを提供します。 ソフトウェア開発ライフ サイクル (SDLC)、展開前、および運用環境で ウェブ サイト/アプリケーションのパフォーマンスをテストすることをお勧めします。 ロード テストは、トラフィックのピーク時に ウェブ サイトの安定性とユーザー エクスペリエンスを保証し、ウェブ サイト/アプリケーションのパフォーマンスを向上させる、主要かつ基本的なパフォーマンス テストの 1 つです。 この記事では、ロード テストの目的と、それを正常に行う方法について詳しく説明します。

 

パフォーマンス テストとは

パフォーマンス テストは、さまざまなワークロード シナリオでボトルネックと安定性の問題を特定するために、ソフトウェアの主要なパフォーマンス メトリックをテストするプロセスです。 パフォーマンス テスト レポートは、速度、スケーラビリティ、安定性の問題を特定し、このような問題を解決するための有意義な洞察を提供するのに役立ちます。 市場に出る前に、ビジネスおよびエンドユーザーの期待に応えるパフォーマンス指標を検証し、検証します。 パフォーマンス テストには、通常、ウェブ サイト/アプリケーションの次の側面に合わせて設計されたテスト ケースがあります。

  • 速度. ウェブ サイト/アプリケーション、ビジネスクリティカルなトランザクション、サードパーティの API の応答時間を決定します。
  • スケーラビリティ: 故障や予期しない動作をせずに、ウェブサイト/アプリケーションによって持続される最大負荷を確認します。
  • 安定性. 異なる交通状況とユーザー負荷の下でウェブサイト/アプリケーションのパフォーマンスをチェックします。

 

パフォーマンス テストの種類

優れたテスト ケースとシナリオを設計するには、さまざまなパフォーマンス テストの種類とその特定の目的を詳しい説明にします。

 

ロードテスト

ロード テストは、予想されるワークロードで ウェブ サイト/アプリケーションの動作を判断し、解決のためのパフォーマンスの問題を特定するために行われます。 ユーザー フロー、ビジネス クリティカルなトランザクション、リソース使用率などの全体的なパフォーマンスを測定するのに役立ちます。

 

ストレステスト

極端なユーザー負荷をシミュレートすることにより、ウェブサイト/アプリケーションのブレークポイントを決定するために行われます。 極端な状況下でのコンピューティング リソースとトランザクションの正常性の使用状況を特定するのに役立ちます。

 

耐久試験

耐久テスト は、特定のワークロードでのアプリケーション動作を長期間にわたり決定するために使用されます。 これは、長時間の継続的な重要なシステムワークロードから発生する可能性のある停滞の問題やボトルネックを特定するのに役立ちます。

 

スパイクテスト

スパイクテストは、ユーザーの負荷の急激なスパイクの下でウェブサイト/アプリケーションの動作をチェックします。 フラッシュ販売やその他の重要なイベントのような特別な状況下でのウェブサイト/アプリケーションの信頼性とアクセシビリティを判断するのに役立ちます。

 

ボリュームテスト

大量のデータが提供された場合、ウェブ サイト/アプリケーションのパフォーマンスをチェックするために、ボリュームテストを実施します。 これは、さまざまなボリュームをデータベースまたはストレージに取り込み、負荷の高いワークロードでのデータ処理動作を判別することによって実行できます。

 

スケーラビリティテスト

スケーラビリティ テスト は、増大するワークロードをシミュレートすることで、スケーラビリティの観点から ウェブ サイト/アプリケーションの有効性を判断するために行われます。 ウェブ サイト/アプリケーション インフラストラクチャの拡張と機能拡張の容量計画に役立ちます。

 

特定のニーズと要件に応じて、パフォーマンス テスト インフラストラクチャをオンプレミスでセットアップするか 、LoadViewなどのクラウドベースのツールを使用できます。 クラウドベースのツールの利点は、コスト効率と共にテスト インフラストラクチャの管理と実行に時間とリソースを投入する必要がなさ、ということです。

 

ロード テストの目的

ロード テストは、最も重要で高い評価を得たパフォーマンス テストの 1 つで、できるだけ早くテスト戦略に組み込む必要があります。 高い交通状況下では、ウェブサイトを完璧に動作する必要があります。そうしないと、パフォーマンスのボトルネック、ユーザー エクスペリエンスの低下、および最も重要なビジネス損失につながる可能性があります。 ロード テストの主な目的とその利点を理解しましょう。

 

エンド ユーザーのサーバー応答時間の測定

負荷が高い状況では、サーバーの応答時間が非常に高くなり、ユーザー のトランザクションやエクスペリエンスに影響を与える可能性があります。 詳細なレポートでエンドユーザーの応答時間を測定することで、潜在的な原因を特定して排除し、ウェブ サイト/アプリケーションの応答時間を最適化できます。

 

ボトルネックの特定

ユーザーの負荷が高い場合にサーバーを停止する可能性のあるさまざまなボトルネックを特定することが重要です。 ロード テストを使用すると、パフォーマンスのボトルネックを効果的に特定して排除し、ウェブ サイト/アプリケーションの速度、信頼性、安定性を確保できます。

 

最適なハードウェアおよびソフトウェア構成の確立

ハードウェアとソフトウェアの構成が異なると、高負荷の ウェブ サイトのパフォーマンスに大きな影響を与える可能性があります。 さまざまな構成に対してロード テストを実行し、CPU 速度、メモリ使用率、キャッシュ ポリシー、ネットワーク リソース、ソフトウェア構成などを確認して、ウェブ サイト/アプリケーションに最適なハードウェアおよびソフトウェア構成を確立できます。

 

システム容量の測定と拡張性の計画

ワークロードを処理するためのシステム容量を測定することは、特別なイベントや最適なユーザー エクスペリエンスの維持など、さまざまなシナリオで重要です。 また、組織とユーザー ベースが拡大した場合のスケーラビリティの計画も重要な作業です。 負荷テストは、容量とスケーラビリティの計画を効果的に行うためのリソース使用率を測定するのに役立ちます。

ロード テストは、クラウドベースの完全に管理されたロード テスト ツールである LoadViewを使用して実行できます。 実際のブラウザやデバイスを使用して最も現実的なユーザー負荷をシミュレートし、ボトルネックをすばやく特定するのに役立つ主要な行列を含む広範なレポートを生成します。

 

成功の鍵: テスト シナリオ

どのパフォーマンス テストでも、その成功は、正しいテスト シナリオを定義、設計、および実行するプロセスによって異なります。 テスト シナリオでは、すべてのボトルネックとパフォーマンスの問題を効果的に特定するために、ビジネスクリティカルなトランザクション とユーザー フローをすべてキャプチャする必要があります。 明確に定義されたテスト ケースを実行できますが、見落とされた問題を特定するためには、アドホック テスト シナリオも重要です。 ロード テスト テストシナリオのベスト プラクティスを次に示します。

  • 実際のブラウザーとデバイスでロード テストを実行して、最も現実的なエンド ユーザーの負荷をシミュレートします。
  • 実際のテスト シナリオでは 、さまざまな場所から テスト ケースを実行します。
  • リアルタイムで負荷を調整して、ウェブ サイトやアプリケーションが変動するワークロードでどのように動作するかを確認します。
  • テスト シナリオ にサードパーティの ウェブ サービスと API を 含めます。
  • チェックアウト、オンライン支払いなどのユーザー フローで重要な役割を果たす個々の ウェブ ページに対してロード テストを実行します。

 

LoadViewを使用すると、簡単なポイントとクリックで、テストケースとシナリオを簡単に作成できます。 LoadView は、さまざまな地理的な場所から実際のブラウザーとデバイスを使用して、最も現実的なユーザー負荷を生成します。

 

結論: ロードテストの目的

ロード テストは、ウェブ サイト/アプリケーションのパフォーマンスをテストして、速度、安定性、およびスケーラビリティを確保するために不可欠です。 ロード テストのテスト シナリオは、実際のブラウザー、デバイス、複数の地理的位置などの最も現実的な条件で定義、設計、実行する必要があります。 LoadView を使用すると、テスト ケースとシナリオの作成は、事実上すべてのユーザー トランザクションをキャプチャできるポイントとクリック機能で非常に簡単です。 ソフトウェア開発ライフ サイクルのできるだけ早い段階でロード テストを開始し、ユーザーの負荷が高い場合に ウェブ サイトやアプリケーションのパフォーマンスが定期的にチェックされるようにすることをお勧めします。

ロードビューを使用して、ウェブサイト、アプリケーション、APIなどをロードテストします。 今すぐ無料トライアルを開始してください