ロード テストを行うかどうか、いつロード テストを行うかを決定する前に、ロード テスト ツールに本当に必要なものを把握しておくと役立ちます。 各ロード テスト ツールとプラットフォームには、独自の特性があります。 あなた自身のニーズを注意深く分析することは、あなたとあなたの組織に最適なものを決定するのに大いに役立ちます。

まず、ロード テスト ツールで何ができるかを知っておくと役立ちます。 ウェブ サイトのパフォーマンスを最適化することで、より多くのユーザーと顧客を引き付けることができます。 パフォーマンスの低い ウェブ サイトは、ユーザーエクスペリエンスと再訪問を予想以上に損ないます。 ある統計によると、1 つの悪いエクスペリエンスの後、ユーザーはその ウェブ サイトに戻る可能性が 88% 低くなります。

誤動作している、または遅いWebサイトは、口コミウェブ ウェブ サイトにアクセスしたことさえない人々の間であなたの評判を重傷つける可能性があります。 別の統計によると、ユーザーの61%が他の人と悪い経験を共有していると言っています。

最高の負荷テストツール

LoadView を使用したロード テストの利点

ロード テストでは、Web サイトまたは ウェブ アプリケーションがパフォーマンスの低下やクラッシュなしに処理ウェブ できる同時トラフィックの量を把握できます。 ウェブ 余分な負荷をかけると、Webサイトをテストし、ソフトウェアの弱点を明らかにすることでメリットが得られます。 ロード テストでは、ウェブ されたシナリオで Web サイトと Web アプリケーションを顕微鏡下に置き、自分自身と開発者が ウェブ サイトが処理できる量と改善方法を理解するための重要な情報を収集できます。ウェブ

ウェブ サイトやウェブ アプリケーションのパフォーマンスが低いと、ユーザーを苛立たせ、評判と収益に打撃を与える可能性があります。 一流のブランドは今日、24 / 7、年中無休で利用可能な正確な情報を備えた機能的な ウェブ サイトを持つことが期待されています。

LoadView のロード テスト プラットフォームは、サージに対応し、実際のユーザーにとって問題になる前に技術的な障害を軽減するために必要なリソースを計算するのに役立つため、一歩前進するために必要なツールとリソースを提供します。 明確で正確かつ簡潔なレポートは、成功する ウェブ サイトを作成するために何をする必要があるかを判断するのに役立ちます。 準備は努力を成功させるための鍵であり、LoadViewは最先端のサポートプラットフォームと業界をリードするツールを使用してそれを達成するのに役立ちます。

 

ロード テストの出番

テストの前に、テストするユーザーの数を正確に把握する必要があります。 これは、将来のテスト体験のためのアーカイブとリソースを構築するのに役立ちます。 予想されるユーザー数に関する決定は、開発者がパフォーマンスの低い ウェブ サイトの症状の一部を緩和できるロード テスト戦略を戦略的に設計するのに役立ちます。

ロード テストは、数百、数千、さらには数百万のウェブ ユーザーがアクセスしたときに Web サイトと ウェブ アプリケーションがどのように実行されるかをシミュレートするのに役立ちます。 ロード テストは、大規模な発売前だけでなく、再開発後、およびミッション クリティカルな ウェブ サイトやアプリケーションの継続的なメンテナンスと開発の一環としても必要です。

開発者と独立したロード テスト コンサルタントは、 ウェブ サイトのどの領域が最も使用されているか、さまざまな機能間に存在する関係、使用されているリソースの数、およびそれぞれのパフォーマンスのレベルを判断するのに役立ちます。

 

ビジネスにおける負荷テストの役割

ロード テストは対話型のプロセスであるため、リーダーシップ、開発、マーケティング、および組織内の他のチームはすべて、パフォーマンスの高い ウェブ サイトとアプリケーションに既得権益を持っているなど、利害関係者のチーム間のコラボレーションの恩恵を受けます。

そのため、ロード テスト プロセスでは、協調的なアプローチを強調することをお勧めします。 開発者は CEO と対話し、QA エンジニアはマーケティング チームと対話し、 ウェブ サイトのロード テスト計画を作成します。 このコラボレーションは貴重な洞察をもたらし、優れたオンラインパフォーマンスを通じてビジネスの成長を加速する能力を持っています。 ロード テストは、開発のすべての段階で DevOps プロセスの定期的な部分である必要があります。

 

負荷試験に関わる機械

ロード テストでは、多くの領域を使用する複雑なハードウェアが必要になることがあり、環境に負荷がかかる可能性があります。 このような状況では、1つではなく多くのロードインジェクタが必要になる可能性があるため、大きな負荷をエミュレートすることは困難になる可能性があります。 オープンソースソフトウェアが初期費用なしで無料のサービスを提供する場合、その実装にはコストがかかる場合があります。

LoadView を使用すると、ロード テストに関連するもの以外の使用価値がほとんどない複雑なハードウェアの購入を回避できます。 LoadView は、ハードウェアの必要性を完全に排除する、プレミアムで包括的なロード テスト プラットフォームです。 ハードウェアをほとんどまたはまったく必要としないソフトウェアには多くの利点があります。

 

最高の負荷テストツール

ロードビューのクラウドベースのソフトウェア

クラウドテクノロジーを使用するエンタープライズレベルの負荷テストツールを採用しています。 クラウド上にいることは、私たちにユニークな可能性を与えてくれます。 複数の地理的な場所で ウェブ サイトの機能をテストできるだけでなく、複数のデバイスでテストすることもできます。 これらは、成功への道の2つの目盛りです。

ユーザーの83%が「すべてのデバイスでシームレスなエクスペリエンスが非常に重要である」と報告しています。 そのため、あらゆるデバイスでテストを提供できるクラウドテクノロジーを使用しています。 LoadView のロード テスト ツールを使用すると、さまざまな地理的な場所とデバイスからテストするオプションがあり、複数の場所で同様のユーザー エクスペリエンスが提供されているかどうか、および ウェブ サイトとアプリケーションがローカルにすばやく表示されるのに別の場所でパフォーマンスが低下するかどうかを確認できます。

 

ロードビューを使用した実際のエミュレーション

LoadView を使用すると、実際のユーザーとブラウザーの動作をシミュレートするロード テストを実行できます。 他のツール(JMeterなど)では、実際の複雑なユーザーの行動を行ごとのスクリプトを使用して複製することは技術的に難しい場合があります。 LoadView は、シンプルなポイント アンド クリック レコーダーを使用して複雑なスクリプト生成を容易にする EveryStep レコーダーを使用して、これを簡単にします。 複雑なスクリプトを記述する必要はありません – 通常のユーザーと同じように ウェブ サイトを操作するだけで、EveryStepレコーダーがテストスクリプトを作成します。 これ以上ないほど簡単です。

サービスとポイント アンド クリック スクリプトに加えて優れたカスタマー サポートを提供する LoadView を使用すると、ロード テスト プログラムで問題が発生するたびにガイドの手が手に入ります。 私たちはあなたのエキスパートロードテストパートナーであり、あらゆるレベルでプロのロードテストをDevOpsプロセスに簡単に統合できるようにします。

 

最高の負荷テストツール

Apache JMeter、オープンソースのロードテストオプション

このロード テスト ツールはオープンソースであるため、前払いでコストを支払う必要はありませんが、後で関連するコストが発生します。 いつでもシステムにダウンロードするオプションがありますが、ハードウェアコストを支払う必要があります。

Apache JMeterを操作するには、ある程度の専門知識が必要です。 Javaの使用方法がまだわからない場合は、Javaの使用について自分自身をトレーニングすることをお勧めします。 より良いオプションは、LoadViewに直接アクセスし、使いやすいツールと専門家のサポートに頼ることです。

 

ロード テストのすべてのニーズに LoadView を使用する

LoadView の最先端のロード テスト ツールを使用すると、市場で最も競争力のある機能と利用可能な最も正確なレポートにアクセスできます。 無料試用版を介して LoadView にアクセスして数分でテストを開始するか、デモを予約できます。 すべてのロード テストの目標を喜んでサポートします。