パフォーマンステストコンサルタントは、負荷とパフォーマンステストの予算を最大限に活用するのに役立ちます。 ウェブ サイトとアプリケーションのパフォーマンス テストが不可欠であるだけでなく、さまざまな種類のパフォーマンス テストを理解することも重要です。 この記事では、開始するための概要を説明します。

パフォーマンス テスト

パフォーマンステストとは何ですか?

パフォーマンス テストでは、さまざまなシナリオで ウェブ サイトとアプリケーションがどのように応答し、実行されるかを追跡、監視、および評価します。

ウェブ サイトまたはアプリケーションの速度が低下したり、応答しなくなったりし始めると、最大動作容量に近づいている可能性があります。 この最高範囲の有効性は、パフォーマンス テストで分離でき、結果を収集して、 ウェブ サイトまたはアプリケーションとそのインフラストラクチャで発生する可能性のある問題を特定できます。 パフォーマンステストコンサルタントは、パフォーマンスを向上させるための戦略をあなたとあなたの開発者に提供することができます。

会社がオンラインでサービスを提供するユーザーの数が何であれ、パフォーマンステストは重要です。 どの ウェブ サイトやアプリケーションでも、トラフィックが急増し、パフォーマンスが低下したり、ダウンタイムが発生したりする可能性があります。 パフォーマンステストコンサルタントは、これを回避するのに役立ちます。

一般に、 ウェブ サイトとアプリケーションは、公開する前にパフォーマンスをテストすることをお勧めします。 オンラインのWebサイトやアプリケーションのユーザーは、高いパフォーマンスとほぼ即時 ウェブ 応答時間を期待するようになりました。 それ以下のものはあなたの評判とビジネスを傷つけます。

 

パフォーマンステストの目標

パフォーマンス テスト プロセスの最初のステップは、何を達成したいかを正確に決定することです。 ここLoadViewのようなパフォーマンステストコンサルタントは、ニーズを特定するのに役立ちます。 パフォーマンステストはいくつかの目的を達成します。 次のことができます。

  • ウェブ サイトまたはアプリケーションが目的のパフォーマンス基準を満たしているかどうかを特定する
  • ウェブ サイトまたはアプリケーションの 2 つの異なるイテレーションを比較して、どちらがパフォーマンスが高いかを確認する
  • パフォーマンスの低い要素を特定する

 

パフォーマンス テストの種類

パフォーマンス テストには、いくつかの一般的な種類があります。 ここに短いリストがあります。

  • 耐久テスト: 耐久テストの主な目的は、 ウェブ サイトまたはアプリケーションが長時間にわたって特定の負荷を維持できることを確認することです。
  • ロード テスト: ロード テストは、 ウェブ サイトまたはアプリケーションの潜在的なボトルネックを明らかにして解決し、特定の負荷の下でその有効性をテストすることを目的としています。
  • スケーラビリティ テスト: スケーラビリティ テストでは、ユーザー数が急増した場合に ウェブ サイトまたはアプリケーションが効果的にスケールアップできるかどうかを評価します。
  • スパイクテスト:スパイクテストは、ウェブ サイトまたはアプリケーションがトラフィックの突然の増加またはデータの処理にどのように対応するかを決定します。 ウェブ またはアプリケーションがトラフィックの段階的な増加を処理できる可能性がありますが、それは必ずしも突然のメディアイベントや緊急事態などによるトラフィックの爆発的な急増を処理できることを意味するわけではありません。
  • ストレス テスト: ストレス テストは、最も重要なパフォーマンス テストの 1 つになる可能性があります。 ストレス テストの目的は、 ウェブ サイトまたはアプリケーションのブレークポイントを特定することです。 ブレークポイントを設定できれば、ソフトウェアがクラッシュする前にどこまでプッシュできるかがわかり、それに応じて計画を立てることができます。
  • ボリューム テスト: ボリューム テストは、さまざまな量のデータが接続されたときに ウェブ サイトまたはアプリケーションがどのように応答するかを学習するのに役立ちます。

これらのテストが曖昧で混乱しているように見える場合は、あなただけではありません。 LoadView のパフォーマンス テスト コンサルタントは、 ウェブ サイトまたはアプリケーションに必要な特定のテストを理解し、プロセスに関する質問に答えるのに役立ちます。

 

パフォーマンステストの長所と短所

企業は、開発プロセスおよび ウェブ サイトとアプリケーションの一般的なメンテナンスの一環として、定期的なパフォーマンステストの予算を立て、コミットすることを強くお勧めします。 パフォーマンステストプロセスの長所と短所を次に示します。

 

プロたち

  1. パフォーマンス テストは、 ウェブ サイトまたはアプリケーションの作成速度を低下させる可能性のあるボトルネックを特定して解決するのに役立ちます。
  2. パフォーマンス テストでは、実際のシナリオを再現できるため、推測作業を最小限に抑えることができます。 あなたの ウェブ サイトやアプリケーションがどこにあるのか、そして特定の状況下でどのように動作するのかについて、非常に良いアイデアが得られます。
  3. パフォーマンス テストは、 ウェブ サイトまたはアプリケーションのダウンタイムを最小限に抑えるのに役立ちます。 ウェブ アプリケーションのダウンタイムのコストは天文学的なものであり、ビジネスの評判に対する定量化できない損害は含まれていません。 パフォーマンステストに合格することによって失われる潜在的な収益の量は、ギャンブルには多すぎます。
  4. パフォーマンス テストは、あなたとあなたのチームに一般的な安心感と信頼性を提供します。 ウェブ またはアプリケーションがトラフィックの急増の準備ができているかどうか疑問に思う必要はありません。

 

短所

  1. 利用可能な最高のロードテストツールのほとんどはライセンスを必要とし、これは高価になる可能性があります。 ビジネスを始めるとき、このような費用を正当化するのは難しいかもしれません。 とはいえ、LoadView では、すべてのビジネスで負荷とパフォーマンスのテストを手頃な価格で行えるように取り組んでいます。
  2. JMeterのようなオープンソースツールを使用している場合でも、実際のシナリオによく似たテスト環境を作成する必要があります。 これにより、追加コストが発生する可能性があります。
  3. 誰でもパフォーマンステストを実行できるわけではありません。 パフォーマンス テスト スクリプトには、使用するツールでサポートされている言語に関する特定の知識が必要です。 LoadView は例外で、ポイント アンド クリック スクリプトが用意されているため、技術者以外のユーザーでも複雑なテストを数分で簡単に作成できます。
  4. パフォーマンス テストの構成とスクリプトを不正確に実行すると、誤ったパフォーマンス フィードバックが発生する可能性があります。 これにより、 ウェブ サイトやアプリケーションが実際の状況にさらされたときにリスクにさらされるだけでなく、問題を解決するために長期的にはより多くの費用がかかる可能性があります。 この最後のポイントは、LoadView のパフォーマンス テスト コンサルタントと話すもう 1 つの強力な理由です。

 

パフォーマンス テスト プロセス

パフォーマンス テスト プロセスは通常、いくつかのステップにわたって実行されます。 小さなバリエーションがあるかもしれませんが、これは一般的にそれがどのようになるかです。 パフォーマンス テスト コンサルタントと LoadView に相談して、特定の要件のテストを推奨する方法について詳しく知ることができます。

  1. テスト環境を特定する: ウェブ サイトまたはアプリケーションをテストするユーザーに提供できる情報が多ければ多いほど、優れています。 彼らは、ソフトウェアがどのように作成されたか、それがホストされている場所、およびそれが受信する典型的なトラフィックについてすべてを知りたいと思うでしょう。 通常、開発チームはこの情報を提供できます。
  2. パフォーマンスの受け入れ基準を評価する: パフォーマンス テストでは、応答時間、スループット、およびリソース使用率を調べます。 ウェブ サイトまたはアプリケーションは、パフォーマンスが低下してクラッシュする前に、どこまで拡張できますか? 適切なパフォーマンステストを行うことで、これ以上のことを学びます。
  3. テストの準備と設計: このステップでは、さまざまなテスト データ、代表的なユーザー、および ウェブ サイトまたはアプリケーションの使用方法を反映するメトリックを使用して、実際のシナリオを最適にシミュレートする方法を決定します。 パフォーマンステストコンサルタントは、この情報を収集し、目標と要件に固有のカスタマイズされたテストを設計します。
  4. テスト環境のセットアップ: ここでは、テストを完了するために必要なすべてのツールを集めて準備します。 これには、テスト環境、使用されるツール、およびテストの各要素の実行に必要なリソースに関する情報の統合が含まれます。
  5. 設計されたテストを適用する: 問題の ウェブ サイトまたはアプリケーション用に特別に設計されたテストを使用して、ここでテストデザインを完了します。
  6. テストを実行する: 設計されたテストを実行して評価します。 ここでは、テスト中に ウェブ サイトまたはアプリケーションがどのように実行されるかを確認し、テスト後に結果を確認できます。
  7. 結果の分析と再テスト(必要な場合):最後に、テストから収集されたデータを分析および評価します。 この情報は、 ウェブ サイトまたはアプリケーションの品質を判断するために使用でき、テストに欠陥があったかどうかを判断することもできます。 必要に応じて、収集した情報を使用してテストを再設計できます。

ここから、開発チームは、パフォーマンス テストに戻る前に必要な調整を行い、結果を比較できます。 このプロセスは、チームが ウェブ サイトやアプリケーションでの作業を行う際のガイドとなり、開発ワークフローの効率とコスト削減を実現する可能性があります。 また、ユーザーにとって最高のユーザーエクスペリエンスを確保するのにも役立ちます。

ロード テスト用のロードビュー

ロードビューパフォーマンステストコンサルタントに相談する

パフォーマンス テストの簡単な入門書を読みましたので、LoadView パフォーマンス テスト コンサルタントの 1 人との無料 検出呼び出し を設定することを検討してください。 パフォーマンステストの目標達成を喜んでお手伝いします。