開発方法や文化は、ステークホルダーをより良い方法でサポートし、高品質な製品を提供するために、継続的に進化します。 DevOps のプラクティスからテスト駆動開発 (TDD) まで、企業は製品の品質を向上させながらコストと作業を削減する開発環境を採用するために最善を尽くします。 行動駆動開発 (BDD) は、開発者、QA、プロダクト マネージャー、ビジネス アナリストなど、ソフトウェア開発のライフ サイクルに関わるすべての関係者間の効率的なコラボレーションを推進するために、Dan North によって 2006 年に導入されました。 BDDは、ドメイン固有の言語と新しい機能を決定する例の助けを借りて、ソフトウェアの動作の包括的かつ共有的な理解に焦点を当てています。 BDDは、効果的なパフォーマンステストと組み合わせることで、高品質のコードと堅牢な機能を備えた製品を生み出します。

 

行動駆動型開発とは

BDDには、アプリケーションの開発、プロモーション、および使用に関わるすべての関係者間の議論を通じて行われたソフトウェアアプリケーションの個々の機能と全体的な行動を明確に理解しています。 一貫した正式な語彙が開発され、機能は人間が理解できる言語で定義されます。 また、アプリケーションのテスト ケースは自然言語で記述されるため、プログラマ以外のユーザーもアプリケーションに期待される内容を読み取り、理解することができます。

BDD は、ユーザー フローを記述するための 与えられた/時/次の 構造に従うアジャイル開発プロセスです。 たとえば、銀行業務アプリケーションを開発している場合、次の例は正式なユーザー フローの説明です。

  • 機能: 転送を行う
  • ユーザーAが自分の口座に$ 100を持っており、User-Bが彼の口座に$ 200を持っている場合
  • ユーザー A が $50 をユーザー B に転送する場合
  • その後、 ユーザーAは彼のアカウントに$ 50を持っている必要があり、User-Bは彼のアカウントに$ 250を持っている必要があります。

 

BDD は、ユーザー インターフェイスの定義ではなく、ビジネス価値の観点からアプリケーション開発を推進します。 上記の構造ですべての機能について説明した後、これらはアプリケーションの設計と開発に使用されます。

BDDはビジネス価値によって駆動され、アプリケーションのユーザーの視点を中心にしています。 BDD の重要性を示す主な利点を次に示します。

  • 設計と開発作業はすべて、ビジネス目標に直接関連しています。
  • アプリケーションはユーザーの観点から開発され、ユーザー エクスペリエンスが向上します。
  • ビジネスに重点を置いたアプローチでは、ビジネスクリティカルな機能を優先的に提供します。
  • すべての関係者は同じ情報を共有し、共通の根拠に基づいてアプリケーションを評価します。
  • 機能の説明のための共通の言語と語彙は、チーム間の効率的なコミュニケーションを可能にします。
  • 最終的な結果とユーザーフローに関する混乱がないため、初日から優れたコード品質が維持されます。

 

BDDアプローチのメリット

BDDは、アジャイル開発プロセスに多くの利点を提供します。 ビジネスクリティカルな機能を最初に提供し、ユーザーエクスペリエンスを優先することで、BDDは効率的なコラボレーションとコミュニケーションを通じて製品の成功を促進します。

 

開発効率の向上

期待されるアプリケーション機能の具体的な定義により、開発は技術的および非技術的な関係者にとって容易に従うことができます。 手直しや修正が少なくて済むので、メンテナンスコストが削減されます。

 

ポジティブフィードバックループ

すべてのチームがアプリケーションを理解し合うため、開発者は迅速なフィードバックを受け取り、アプリケーションを強化し、順調に進みます。

 

安価なテスト

機能が明確に定義されていると、テスト ケースを簡単に作成し、効率的に検証できます。 機能テストケースと非機能テストケースは、何が予想され、いつ必要かを理解することで、簡単に自動化できます。 これにより、アプリケーションテストのコストが削減されます。

 

ユーザー エクスペリエンス

ユーザーの視点から機能を定義することで、設計者や開発者は、アプリケーションの観点からではなくエンドユーザーの視点から考えて、ユーザーの課題を解決できます。 これにより、本質的なビジネス価値が生まれ、カスタマーエクスペリエンスが向上します。

 

コード品質

明確に定義された個々の機能から構築することで、1 日目から、まとまりのあるアーキテクチャと疎結合されたコードを作成できます。 安定性、スケーラビリティ、およびテストの容易性が大幅に向上します。

 

ドキュメントの自動化

BDD ツールは、通常、明確で簡潔な言語で BDD 仕様を使用した技術文書やユーザーマニュアルの自動化をサポートします。

 

BDD アプローチの欠点

BDDは、TDDアプローチで直面する問題を解決するために導入されました。 これは、特定のツールやプログラミング言語を主に使用しない概念的なプロセスです。 そのため、特に TDD の経験がない場合は、経験の浅いプログラマとの採用が困難になります。

BDD では、クライアントまたはエンド ユーザーと効果的にコミュニケーションを取り、期待とフィードバックを文書化できる開発者の専任チームが必要です。 開発会社が通信プロセスにどのようにアプローチするのかに基づいて、追加のオーバーヘッドが発生する可能性があります。

 

BDD ツールとフレームワーク

BDD は開発者コミュニティの間で大きな採用を得ており、このアプローチをサポートするためにさまざまなツールが進化してきました。 BDD アプローチで広く使用されているツールを次に示します。

 

胡瓜

これは、Gherkin構文を使用してプレーンテキストでアプリケーション機能の実行可能な仕様を定義するために使用されます。 ドメイン固有のビジネス言語を使用して、要件、テスト ケース、およびドキュメント間の一体性を提供します。

 

スペックフロー

これは.NETプラットフォーム用のオープンソースツールであり、Gherkin構文を使用しています。

 

レタス

キュウリの上に構築され、非常に使いやすいです。 これは、Python ベースのアプリケーションに使用されます。

 

コンコルディオン

これは、Javaフレームワーク用の別のオープンソースツールであり、BDD仕様を自動化します。 また、Python、C#、および Ruby にも使用できます。

 

JBehave

また、オープンソースのツールであり、キュウリに非常によく似ています。 独自の JBehave 構文を持ち、Gherkin 構文をサポートしています。

 

ロード テスト コードの品質と機能

BDD アプローチを成功させるためには、パフォーマンス テストが不可欠です。 BDD はエンド ユーザーの視点からアプリケーションを開発することに重点を置いています。これにより、ユーザーのエクスペリエンスが最優先されます。 パフォーマンス テストでは、実際のシナリオでのユーザー エクスペリエンスにも焦点を当てています。 BDDでのパフォーマンステストの理由として、BDDで使用されているツールのほとんどが、技術マニュアルまたはユーザーマニュアルのドキュメントを自動化できる点が挙げられます。 効果的な BDD の場合は、機能テストと非機能テストを自動化します。

パフォーマンス テスト、特に負荷テストは、コード品質と堅牢な機能を維持して、ピーク時にアプリケーションが中断されないようにするために不可欠です。 BDD の機能仕様は適切に機能する場合がありますが、ロード条件をテストする必要があります。 さまざまな負荷条件と実際のシナリオでは、すべてのアプリケーションの動作が異なります。 開発環境と運用環境に BDD の負荷テストを組み込むことをお勧めします。 また、負荷テストと 運用環境でのパフォーマンス監視 ソリューションを組み合わせることで、ボトルネックのアクセシビリティ、可用性、予防的な特定と解決を確実に行うことができます。

 

BDD のロード テスト用ロードビュー

LoadView は、予想されるユーザーロードをテストし、ピーク時に ウェブ サイトまたはモバイル アプリケーションでブレーク ポイントを検出するためのクラウドベースのパフォーマンス テスト ツールです。 LoadViewは、BDDのベストプラクティスを使用してアプリケーションのロードテストを自動化する簡単なスクリプトを備えた、実際のブラウザやデバイスを持つユーザーをエミュレートします。 また、LoadViewは、異なる地域からウェブサイトやネイティブのモバイルアプリケーションをテストし、エンドユーザーのパフォーマンスを測定するための最も現実的な環境を作成するのに役立ちます。

LoadView では、BDD アプローチに最適なテスト ケースを作成するためにコーディング知識は必要ありません。 それは EveryStep Web レコーダーは、簡単にビジネス クリティカルなユーザー トランザクションのポイントとクリックスクリプトを可能にします。

次の目的でロードビューが構築されます。

  1. ウェブ ページのロード テスト
  2. ネイティブモバイルアプリケーションのロードテスト
  3. API ロード テスト
  4. ウェブ ページのロード テスト
  5. モバイル アプリケーションの負荷/ストレス テスト

 

結論: 行動駆動開発(BDD)とパフォーマンステスト

BDDは、ビジネス・クリティカルな機能を開発し、最初にリリースすることで、できるだけ早くエンド・ユーザーにビジネス・バリューを提供することで推進されます。 BDDツールは、ユーザーエクスペリエンスに焦点を当て、ドキュメントプロセスを自動化します。 BDDアプローチでは、パフォーマンス・テストを効果的に自動化し、BDDのさらなるメリットを活用できます。

BDD では、ロード テストが重要であり、ウェブ サイトおよびモバイル アプリケーションのコード品質と機能性を確保します。 ロード テストでは、最も現実的なエンド ユーザー シナリオを作成する必要があります。 BDD アプローチで LoadView のようなツールをロード テストを使用すると、トラフィックのピーク時にユーザー エクスペリエンスが低下しないようにします。

LoadViewを今すぐ試すか 、当社のエンジニアの上で デモ にサインアップして、プラットフォームの動作を確認してください!