クラウドとオンプレミスの負荷テスト:ROIの比較

今日のビジネスの世界では、ユーザーエクスペリエンスがすべてです。 企業が競争で優位に立ち、進化する顧客の要求に応えようと努力する中、サービスの複雑さは増し続けています。 この複雑さは、新機能やアップデートを迅速にデプロイしなければならないというプレッシャーと相まって、企業が、アプリケーションが減速することなく現在と将来の成長の両方に対応できるようにすることを優先することを忘れてしまうことがあります。

新製品や新機能の発売を急ぐあまり、徹底的なテストと最適化に十分な時間とリソースを割り当てていない企業もあります。 その結果、これらのアプリケーションは、特にユーザー負荷が高い場合やトラフィックの予期しない急増に直面した場合に、許容できる応答時間を提供するのに苦労する可能性があります。

しかし、一部のITリーダーは過去の失敗から学び、パフォーマンスエンジニアリングをDevOpsチェーンにうまく統合しています。 設計および開発段階の早い段階でパフォーマンス分析を開始し、それらのタスクを自動化し、結果を確認して、建設段階でボトルネックを排除します。 負荷テストは、実際のシナリオをシミュレートして、さまざまなレベルのストレスと負荷の下でシステムがどのように動作するかを評価するパフォーマンス テストの重要な要素になっています。 ただし、負荷テストに適したツールを選択するには、コストや投資収益率 (ROI) など、さまざまな要因を考慮する必要があります。 この記事では、クラウドベースとオンプレミスの負荷テストツールのROI比較について説明し、それぞれのコスト、節約、およびその他の関連する考慮事項に光を当てます。

 

パフォーマンステストのコスト:オンプレミスとクラウド

負荷が増加した期間に強力な状態を維持し、許容可能な応答時間を維持する応答性の高いアプリケーションを作成することは、簡単な作業ではありません。 これは、既製のパフォーマンスソリューションを購入して、すべてのパフォーマンスのボトルネックを即座に解決するほど単純ではありません。 実際のところ、パフォーマンスの低下に対する万能の解決策はありません。 組織は、熟練したエンジニアに投資し、適切なツールを入手し、インフラストラクチャ内にパフォーマンステストフレームワークを確立して、パフォーマンスの課題に一貫して取り組む必要があります。

パフォーマンス テストに関しては、通常、主にツール、インフラストラクチャ、および人員を中心に展開するコストなど、いくつかの異なるコストが発生します。 オンプレミスの負荷テストツールを選択する場合、組織はハードウェア、ソフトウェアライセンスの調達、およびインフラストラクチャの保守に投資する必要があります。 これらの初期費用は、特に大規模なテスト要件の場合、かなりの額になる可能性があります。 さらに、メンテナンス、アップグレード、人材育成などの継続的な費用が、オンプレミスソリューションの総所有コスト(TCO)の一因となっています。

一方、クラウドベースの負荷テストツールは、コスト構造の点で明確な利点があります。 ユーザーは、ハードウェアとソフトウェアのライセンスに先行投資する代わりに、使用量ベースの価格設定モデルを選択できます。 これらのモデルは、多くの場合、テストごと、またはサブスクリプション プランを通じて動作します。 この従量課金制モデルは、最初は費用対効果が高いように見えるかもしれませんが、特に大規模なテストを実施している組織や需要の急激な急増を経験している組織では、時間の経過とともに費用が増加する可能性があることに注意することが重要です。

 

パフォーマンステストの節約:オンプレミスと比較したクラウド

コストはかかりますが、パフォーマンステストは、開発ライフサイクルの早い段階で潜在的な問題を特定して軽減することで、大幅なコスト削減を実現します。 パフォーマンスのボトルネックや脆弱性を明らかにすることで、組織はコストのかかるダウンタイム、評判の低下、ユーザーエクスペリエンスの低下による収益の損失を回避できます。 これによる真の財務的影響を計算して測定することは困難ですが、今日の時代で知られているように、顧客とユーザーはビジネスがうまくいくようにするために不可欠です。 評判の向上とユーザーからの信頼の向上の間で、忘れられない体験を提供しており、それを提供できなければ、ユーザーはあなたに敵対することになります。 全体として、デプロイ前にパフォーマンスの問題にプロアクティブに対処できることは、修復作業と顧客維持の点で大幅な節約につながる可能性があります。

その他の利点には、事前に検出されたパフォーマンスの問題による収益と利益の増加が含まれます。 例えば、Amazonは、100msのスピード向上が売上を1%増加させることを実証しました。 ユーザーが Web ページの読み込みが遅いとき、彼らはしばしば放棄し、競合他社のウェブサイトにお金を使います。 負荷とパフォーマンスのテストは、企業がライフサイクルの早い段階でこのような減速を修正し、オンライン収益源を保護するのに役立ちます。 実稼働前の段階でのこれらの修正は、実装が容易であり、組織にとってさらなる節約につながります。

負荷テスト ツールを探している場合は、クラウドベースの負荷テスト ツールが、そのスケーラビリティと柔軟性によってさらに節約できることに注意してください。 テスト要件に基づいてリソースを動的にスケーリングする機能。 組織は、消費したリソースに対してのみ支払うことで、コストを最適化できます。 さらに、クラウドプラットフォームには監視機能や分析機能が組み込まれていることが多く、チームは追加のツールやインフラストラクチャに投資することなく、アプリケーションのパフォーマンスに関する洞察を得ることができます。 そして、これは次のポイントにつながります。 通常、クラウドベースのソリューションは、オンプレミスの負荷テストツールに見られるハードウェア、ソフトウェア、インフラストラクチャの保守とアップグレードの負担を軽減するのに役立ちます。 これにより、長期的には総所有コストを削減できます。 クラウド負荷テストツールの専門知識を活用することで、組織は運用を合理化し、俊敏性を高め、コアビジネス活動に集中することで、パフォーマンステストイニシアチブのROIを最大化することができます。

 

 

ROIパフォーマンスの計算

負荷およびパフォーマンス テスト サービスの具体的な費用と利点を評価することを考えたことはありますか?

これを説明するために、オンプレミス セットアップとクラウド (SaaS) 負荷テスト ソリューションの比較を詳しく見てみましょう。

この例では、ROIで考慮する必要がある可能性のある次の重要な数値に注意してください。

  • 1,000 の同時ユーザー ロード テスト ツール ライセンス
  • 年間 120 回のテスト実行
  • 各テスト実行で 800 人の HTTP ベース ユーザーと 200 人の実際のブラウザー ベースのユーザー
  • 58負荷注入機
  • 負荷注入サーバーごとに年間 6,000 ドルのコスト
  • 年間120件の業績上の欠陥
  • 負荷テストによる実稼働不良の20%削減
  • 年間60,000ドルを稼ぐ2人のパフォーマンスエンジニア

この計算/考慮事項では考慮されません。

  • 放棄率の低下による売上の増加
  • 特定されたパフォーマンスの欠陥を修正する取り組み
  • 2人のパフォーマンスエンジニアの報酬の追加のメリットと発生したコスト

 

オンプレミスの負荷テストプラットフォームのROI

企業は、データセンターでホストされている専用サーバーにオンプレミスの負荷テストスイートをデプロイします。 市場には限られたユーザーシミュレーション機能を備えたオープンソースソリューションがいくつかありますが、プロフェッショナルビジネスは通常、商用プラットフォームに依存しています。 この負荷テスト スイートのベンダーは、最初のライセンス料 $300,000、年間 60,000 ドルの保守費を請求します。

この会社の負荷および性能テストには2人のエンジニアが責任を負い、年間120件の業績上の欠陥を特定します。 同社は58台の専用負荷インジェクションマシンを使用しており、その結果、機械あたり年間6,000ドルの追加費用が発生します。 節約の面では、生産における欠陥が20%減少します。 このシナリオでは、単純化のため、収益への影響や手戻りの減少などの側面は考慮しません。

下のグラフは、支出、収益、および対応するROIが5年間でどのように推移するかを示しています。 この計算は、オンプレミスの負荷およびパフォーマンス テスト プラットフォームに依存している組織は、5 年後に負荷およびパフォーマンス テストへの投資に対してマイナスの -58% のリターンを実現していることを示しています。

ROI パフォーマンス

 

クラウド負荷テストプラットフォームのROI

SaaSベースの負荷テストとパフォーマンステストスイートは、完全にクラウドで動作します。 プロバイダーは、ロード エージェント マシンを管理し、ロード テスト ソフトウェアと基になるインフラストラクチャの両方の運用とメンテナンスを処理します。 組織は、テスト結果の永続的な保存と仮想ユーザーの時間の実際の使用率に対してのみ課金されます。 SaaSベースのソリューションの合理化されたメンテナンス要件のおかげで、組織は負荷およびパフォーマンステストチームの規模をわずか4人のメンバーに減らすことができます。

節約の面では、生産における欠陥が20%減少します。 収益への影響など、その他の側面については、この例では簡単にするために考慮しません。

下のグラフは、オンデマンドのクラウドベースの負荷およびパフォーマンス テスト プラットフォームのコスト、節約、ROI を 5 年間にわたって強調したものです。 この計算は、SaaS ベースの負荷およびパフォーマンス テスト プラットフォームに依存している組織が、パフォーマンス テストの投資に対して 12% の収益率を実現していることを示しています。
ROIパフォーマンス1

 

オンプレミスとクラウドの負荷テストツールの比較

投資収益率(ROI)に影響を与える要因は何ですか、また、オンプレミスの負荷テストスイートがクラウドベースのプラットフォームよりも費用対効果が高くなるのはどのような場合ですか?

クラウドベースのロード テスト ソリューションでは、通常、仮想ユーザーの分数に基づいて料金が発生します。 テスト実行の頻度は、クラウドベースのソリューションのROIに大きく影響します。 逆に、ローカルにデプロイされたオンプレミスの負荷およびパフォーマンス テスト スイートは、実施されるテストの数に関係なく一貫した静的なライセンス料金で動作するため、このコスト要因に直面しません。

年間 120 回のテスト実行で、クラウドベースのソリューションの ROI は 12% であるのに対し、オンプレミス プラットフォームの ROI は -58% で遅れています。 この会社が年間600回の負荷テストを実行することを決定した場合、クラウドベースの負荷およびパフォーマンステストプラットフォームは、オンプレミスソリューションと同等のROIを達成します。 ロード テストの実行が 600 回を超えると、オンプレミス プラットフォームの ROI は完全なクラウドベースのプラットフォームよりも高くなります。

下のグラフは、年間 120 から 600 の負荷テストを実施している企業について、5 年間にわたるパフォーマンス投資の ROI の推移を示しています。

ROIパフォーマンス2

結論:他に考慮すべきこと

負荷テストツールのROIを評価する場合、組織はコストと節約以外の要因を考慮する必要があります。 主な考慮事項は次のとおりです。

  • 拡張性: クラウドベースのソリューションは固有のスケーラビリティを提供し、組織は変動するテスト需要にシームレスに対応できます。 対照的に、オンプレミスインフラストラクチャの拡張には、多額の投資とリードタイムが必要になる場合があります。
  • セキュリティとコンプライアンス: 組織は、クラウドベースのソリューションとオンプレミスソリューションの両方のセキュリティ体制とコンプライアンス要件を評価する必要があります。 クラウドプロバイダーは厳格なセキュリティ基準を遵守していますが、一部の業界や規制の枠組みでは、コンプライアンス上の理由からオンプレミスでのデプロイが必要になる場合があります。
  • 統合と互換性: 既存のツール、プラットフォーム、ワークフローとの互換性は、チーム間のシームレスな統合とコラボレーションに不可欠です。 組織は、既存のインフラストラクチャと開発スタックを念頭に置いてロード テスト ツールを評価する必要があります。 実装、立ち上げ、実行、チームとの連携が簡単であることを確認する必要があります。

結論として、クラウドベースとオンプレミスの負荷テストツールのどちらを選択するかには、コスト、節約、スケーラビリティ、セキュリティ、および互換性を慎重に分析する必要があります。 オンプレミスのソリューションでは制御とカスタマイズが可能ですが、クラウドベースのソリューションでは、拡張性、柔軟性、コスト削減の可能性が実現します。 クラウドベースの負荷およびパフォーマンステストスイートへの投資は、ほとんどのシナリオでオンプレミスプラットフォームよりも優れています。 クラウドベースの負荷テストプラットフォームのROIは初年度ですでにプラスですが、オンプレミスソリューションは5年間のテスト期間中にマイナスのROIを提供します。 クラウドベースのソリューションのROIが向上する主な理由の1つは、ライセンスコスト、メンテナンス作業、内部インフラストラクチャが不要であることです。

チームが柔軟性とスケーラビリティを提供し、負荷テスト機能が豊富なクラウドベースのロード テスト ツールを探している場合は、 LoadView を検討してください。 LoadView は、テクノロジ スタックで既に使用しているお気に入りのツールと簡単に統合できる、ロード テストの取り組みのためのユーザー フレンドリーなプラットフォームを提供します。 LoadView から得られる詳細なレポートと分析は、開発段階の早い段階で潜在的なボトルネックを特定して解決できるという強力な利点をチームに提供します。

最終的に、組織は、ROIを最大化し、本番環境でのアプリケーションの最適なパフォーマンスを確保するために、特定の要件、目的、および予算の制約に合わせてロードテストツールを選択する必要があります。