ビジネスを最新の状態に保つことは、競争のトップを維持するための最良の方法です。 時代が変わるにつれて、顧客と顧客は、あらゆるブランドやビジネスと連絡を取るための新しい改善された方法を模索しています。 そのため、ビジネスオーナーは、双方向通信に簡単にアクセスできるように、ウェブ アプリケーションとモバイルアプリケーションの開発に注目しています。 しかし、適切にプログラムされたソフトウェアを持つには、抜け穴を緩和するための適切な評価が必要です。 それ以外の場合、一部の重大でない障害でも、予期しないトラフィックに直面したときにシステム全体が妨害される可能性があります。

パフォーマンス テストはパフォーマンスのボトルネックを発見して評価するソリューションですが、テストを実行する前に基準の前後に重要な 2 つの重要な要素があります。 そのため、パフォーマンス テストを通じてアプリケーションを評価する準備をしている場合は、パフォーマンス テストの開始基準と終了基準を理解していることを確認してください。

パフォーマンス テストとは

最も単純な形式では、パフォーマンス テストは、すべてのソフトウェア、プログラム、アプリケーション、または API に適用されるテストと戦略に対するセットであり、欠陥を修正します。 これらのエラーは、扱われなければ、ビジネスに損害を与える可能性があり、無数の忠実な顧客だけでなく、あなたのサービスや製品を見つける潜在的な見通しを失う可能性があります。

日常のユーザーにとって、パフォーマンス テストは、おそらく関心を持ったり理解したりするものではありませんが、ユーザー エクスペリエンスに不可欠な部分を果たします。 おそらく既に知っているように、ユーザーが閲覧、検索、またはナビゲートに遅れを感じるたびに、それはイライラします。 そして、数秒以上の遅延は、彼らがどこか別の場所に行くようにする可能性が高いです。 これらは機会を逃し、組織はそのユーザーを永遠に失っている可能性があります。 パフォーマンス テストは、ウェブ サイトやアプリケーション開発チームがインフラストラクチャのパフォーマンスの問題を発見するのに役立ち、修復してシステム全体を微調整し、アプリケーションと ウェブ サイトの稼働時間、可用性、パフォーマンスを向上させることができます。

パフォーマンス テストの種類

アプリケーションの機能を判断する方法としてパフォーマンス テストを選択すると、開発者とテスト担当者は、次の方法で ウェブ サイトを調べます。

すべての方法はパフォーマンス テストの一部であり、正確な結果を得るためには暗黙に指定する必要があります。

パフォーマンス テスト戦略

パフォーマンス テストでは、適切な計画的な戦略を必要とし、目的の結果を保証します。 さらに、パフォーマンス テスト、負荷ポリシー、サービス レベル目標 (SLA)、およびサービス レベル アグリーメント (SLA) の範囲を定義するため、最も重要な領域です。 したがって、戦略を立てる必要がある場合は、以下の 4 つのステージを採用する必要があります。

ステージ 1: 計画

テストビジョン

まず、プログラムにパフォーマンス テストを適用する理由を知る必要があります。 結果を明確に把握する必要があります。 また、組織内の異なるチームから入力を受け取ることにより、計画を作成する際に異なる視点を提供することもできます。 ロード テスト プロセスの改良に役立つ可能性のある機会と洞察を提供する場合があります。

状況分析

ビジョンが明確になったら、アプリケーションの現在の状態と達成する目標を分析する時が構います。

目標の設定

実行テストを実行する目的を把握しておく必要があります。 問題を認識している場合にのみ発生します。 各目標が明確で、テスト計画内で定義された目的があることを確認します。 これらの目標は、最終的により良いテスト結果を提供することができます。

制限を理解する

アプリケーションにはさまざまな部分があり、すべての部分でパフォーマンス テストが必要なわけではありません。 したがって、テストできる領域と、何を手つかずのままにする必要があるかを理解することが重要です。

ステージ 2: テスト環境の評価

ソフトウェア仕様

ステージ 2 では、ソフトウェアの現在の機能を確認する必要があります。 さらに、まずどの種類のパフォーマンス テストを適用する必要があるのかを学習する必要があります。 たとえば、最初にロード テストを続けてからスパイク テストに移る場合があります。 ただし、テスターと開発者の知識に依存します。 これは、経験豊富なチームによるパフォーマンス テスト戦略を作成するために、ユーザーが LoadView プロフェッショナル サービス を選択する主な理由の 1 つです。

ツールの選択

次のステップは、適切なツールと手順を選択することです。 たとえば 、LoadView は ウェブ ベースであるため、ハードウェアやソフトウェアを追加する必要はありません。 そして、プラットフォームは 、高度なレベルのアプリケーションをテストするためのすべての機能を提供します。 このプロセスは、パフォーマンス関連のエラーを知るのに非常に完璧に機能します。 間違ったパフォーマンス テスト ツールを使用すると、テスト期間が延長され、金銭的なリソースが浪費されるのみで済みます。

ステージ 3: 適切なパラメータ/メトリックの選択

パフォーマンス テストには、さまざまなパラメーターがあります。 彼らは問題の主な原因を明らかにする上で非常に有用です。 最も一般的なメトリックの一部は次のとおりです。

  • 応答時間
  • 帯域幅
  • 1 秒あたりのメモリ ページ数
  • スループット
  • プロセッサの使用率

したがって、第 3 段階で、開発者は、パフォーマンスの問題を定義するために分析するメトリックを決定できます。

ステージ 4: 結果の実行と収集

最終段階では、アプリケーションに一致するテスト スクリプトの開発に関する戦略を作成する必要があります。 さらに、パフォーマンス テストを実行する前に、必要な手順を確認する必要があります。 最後に、結果がどのように収集され、提示されるかを戦略化する必要があります。

パフォーマンス テスト計画の作成方法

ほとんどのユーザーは、パフォーマンス テスト計画とパフォーマンス テスト戦略を組み合わせていますが、実際には、それらは同じものではありません。 パフォーマンス テスト計画は、テストの実行範囲、アプローチ、および目的の詳細な概要を示すため、戦略の一部として使用できます。 したがって、パフォーマンス テスト計画の記述方法は次のとおりです。

テストの目的

戦略には目標が含まれていますが、計画はそれらを詳細に評価します。 各 ウェブ アプリケーションについて、計画に対して願望が定義されます。 これらの目標は、変更要求、パフォーマンス要件、またはワークロードによって定まります。 それとは反対に、高い技術プログラムに対してパフォーマンステスト計画が立てられている場合、目標には、通常および高負荷の応答時間とトランザクション数も含まれる場合があります。

テストスコープ

このセクションでは、使用するサブテストを決定しました。 一方、ウェブ アプリケーションの性質に応じて、プロセスから除外するテストの種類は何ですか。 たとえば、ロード テストとボリューム テストを選択し、特定のソフトウェアのスパイク テストを見下ろします。 もう一度、それは障害物がどのくらい大きいか小さいかによって異なります。 単純な腸の感覚では何もすべきではありません。

テスト技術

これは、パフォーマンス テスト計画の最大の部分です。 スコープで指定したすべてのパフォーマンス テストの種類のテストの場所を定義します。 さらに、テスト スクリプト、テスト シナリオ、タイミング、検証、およびプロセス全体を確立します。 さらに、 パフォーマンステストツール、テスト環境、監視方法も設定します。 最後に、計画のこの部分は、エラー統計、欠陥、およびテスト結果のドキュメントに取り組むための方法でも構成されています。

テストスケジュール

このセクションでは、パフォーマンス テストの開始日と終了日を慎重に計画します。

入力および終了の基準

テストのスケジュール設定の後、パフォーマンス テストを適用する前に必要なすべての重要なアクティビティを計画します。 同様に、テストが完了したら、実行する必要がある手順も示します。 また、パフォーマンス テストの実行を担当する個人、チーム、または企業の名前を一覧表示する必要があります。 開始と終了の基準は、パフォーマンス テストの最も重要な部分の 1 つであり、この詳細については、この記事の後半で説明します。

リスクとリスク管理

考えられるすべてのリスクを考慮すると、リスクを処理する方法を計画することが期待されます。 たとえば、停電が長い場合にパフォーマンス テストを実行する方法などです。 これは、パフォーマンス テストが継続することを確認するための危機管理計画を作成するようなものです。

成果 物

ここでは、すべての成果物を、成果物の提供担当者と共にリストします。 成果物には、ドキュメント、レポート、サーバーのアップグレード、テスト結果、またはその他の重要な情報やプロジェクトに関連するデータを含めることができ、

ソフトウェア テストのライフ サイクルの説明

ソフトウェア テストライフサイクルは STLC とも呼ばれ、プログラムの品質を保証するために専門家チームによって実行される数多くの活動のセットです。 これは、ソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)の一部と小包です。 しかし、それはテスト段階に向かって動作するだけです。 STLCは、規定が概要を示した直後に開始されます。 さらに、テスト担当者はテストスコープ、テスト ケース、および開始および終了の基準を確立できます。 さらに、テスト期間を短縮し、品質を向上させ、初期段階のボトルネックや問題を認識します。

ソフトウェア テストのライフサイクル フェーズ

STLCは6つの異なる段階で構成され、正確なテストを保証します。 しかし、プログラムの性質に依存するため、すべてのフェーズを使用する必要はありません。

フェーズ 1: 要件分析

最初のフェーズでは、チームはアプリケーションの分析を開始して問題を特定します。

フェーズ 2: テスト計画

第2段階は、戦略とテクニックの作成です。

フェーズ 3: テスト ケースの開発

戦略が完了すると、テスト担当者は条件とスコープに基づいてテスト ケースを確立します。

フェーズ 4: テスト環境のフレーミング

このフェーズでは、開発者はエラーを排除するために使用するテスト方法とツールを計画します。

フェーズ 5: テスト実行

すべてのテストが管理され、問題が修正されます。

フェーズ 6: テストのクロージャ

最終段階では、結果、レポート、およびマトリックスが文書化されます。 そして、情報は所有者と共有されます。

パフォーマンス テストの開始および終了の基準とは

パフォーマンス テストを実行する前に、エントリ条件と呼ばれる特定の条件が設定されます。 これらの条件は、承認、テスト環境、およびその他の多くの要因に基づいていますが、テストが完了した後に特定の期待が文書化され、終了基準と呼ばれます。 ここでは、エラーが修正され、レポートは今後のテストのために維持されます。 理想的には、テスト担当者と開発者は、入力と終了の基準が決定されない限り、パフォーマンス テストを続行しません。

つまり、エントリと終了の基準は、問題、ソフトウェアの問題に関連する要因、および最終的にはパフォーマンス テストによって修正を取得するを記述します。 パフォーマンス テストは両方の条件に挟まれますが、取得した結果は終了基準と一致する必要があります。 または、期待される目標を達成するまで、パフォーマンス テストを刷新する必要があります。 したがって、実際の結果を得るためには、両方の基準を計画する必要があるのは、熟練した開発者だけです。

パフォーマンス テスト エントリの条件の要件

パフォーマンス テストのエントリ条件の条件を次に示します。

明確な要件と承認された要件

パフォーマンス テストを担当するチーム メンバーの 1 人であるとします。 したがって、テストを適用する前に、目的を定義し、アプリケーションの所有者と議論する必要があります。 利害関係者の承認なしに継続する方法はありません。 最後に、すべてが文書化される必要があることを覚えておいてください。

パフォーマンス テストの種類の選択

入力基準では、特定のアプリケーションに適用するパフォーマンス テストの種類を選択する必要があります。

ソフトウェアの安定性の確保

プログラムがテスト モードのときに予期しない変更が行われないようにする必要があります。 ただし、比較のために適用されるテストもあるので、そのようなシナリオでは慎重に修正を行うことができます。 それにもかかわらず、あるフェーズを完了し、その後、前と後の効果を知るためにテストが実行された場合でも、別のフェーズに切り替えることをお勧めします。 たとえば、ロード テストでは、前に指定した負荷から正確な結果を得た後に負荷を増やします。

専用のセットアップとテスト環境

プログラムをテストする前に、テストの実行に必要なリソースをすべて集めておきます。 たとえば、LoadView は、テスト プロセスの妨害を回避するために、すべての重要なリソースの可用性を保証します。

適切な監視チーム

チーム メンバーに監視の責任を与えないと、ソフトウェア テストを開始することはできません。 テスト中に人がいるに違いない。 特にパフォーマンス テストがリアルタイムで適用される場合は、問題が発生した場合に備えて、チームは手順のリセットまたはシャットダウンを行う必要があります。

復旧

パフォーマンス テストを計画している場合は、プログラムのデータベースが完全に復元されていることを確認します。 そのため、テスト中に何らかの情報が失われた場合は、バックアップから取得できます。

問題の処理の計画

最後に、パフォーマンスの問題に取り組む方法を知っている必要があります。 ただし、承認によっては、問題を分類するように求められる場合があります。 しかし、ほとんどの場合、エラーを解決する人になります。 また、必要に応じてパフォーマンスチューニングを行う必要がある場合もあります。 したがって、最初の性能試験条件で説明したように、明確な目的を作るようにしてください。

パフォーマンス テスト終了条件の要件

パフォーマンス テストが完了したら、注意が必要な項目がまだあります。 したがって、終了基準の要件を次に示します。

パフォーマンス テストの完了の確認

パフォーマンステストが完了したら、すぐにソフトウェアの株主にニュースを持参する必要があります。 公式の方法は、あなたがまともな説明を提供する必要があるかもしれないので、会議をスケジュールすることです。

要件で定義されたアプリケーションのパフォーマンスの評価

パフォーマンス テストは不完全であり、戦略、計画、またはパフォーマンス テストのエントリ基準で定義された要件に従って評価が変更されない場合、問題は解決されません。 したがって、この時点で、初期段階で決定されたようにすべてが実行されたというあなたの議論を裏付ける証拠を残す必要があります。

障害の文書化

パフォーマンス テストを実行した後は、各テスト フェーズで発生した最も小さな障害も文書化してください。

ボトルネックの修正

パフォーマンス テストの主な目的は、プログラムで問題を引き起こしているエラーを発掘することです。 したがって、ボトルネックが評価されたら、それらを修正する時が必要です。

パフォーマンス目標の達成

最終的には、すべてが段階的に完了したら、パフォーマンス テストの戦略と計画で説明したように、パフォーマンス テストの目標を達成する必要があります。 目標を達成していない場合は、テストをやり直す必要があります。 残念ながら、再テストは大きな費用がかかる可能性がありますが、LoadViewは慎重なパフォーマンス分析を保証し、企業が不必要に支出するのを防ぐことができます。

結論: パフォーマンス テストの開始および終了の基準

パフォーマンス テスト戦略から計画、ソフトウェア テストのライフ サイクルからパフォーマンス テストの開始基準と終了基準まで、すべてが接続されます。 開始および終了の基準を明確にしないと、パフォーマンス テストを実行できません。 一日の終わりに正確な結果を得ることを目指す場合、これらの条件に従う必要があります。

そのため、ウェブ ページやアプリケーションでパフォーマンス テストを実行する際に、その仕事を遂行する本物のサービスを入手することに困惑している場合は、自由に デモのスケジュール は、プラットフォームと当社のパフォーマンステストサービスをより良く理解するのに役立つ当社のパフォーマンスエンジニアの1人です。 または、自分でプラットフォームを試すために 無料トライアル にアクセスするためにサインアップすることもできます。 また、 私たちに連絡 することができ、私たちのチームは、すべてのあなたの質問に答えることを喜んでいるでしょう。