ページを選択

ウェブ サイトはトラフィックの過負荷を起こしやすいが、一般に公開されていないが、企業の業務のバックボーンとして機能する内部アプリケーションはどうでしょう。 多くのシナリオでは、プライベート ネットワーク上で実行され、内部チーム メンバーが使用できるファイアウォールの内側から内部アプリケーションをロード テストしたいと考えています。 たとえば、従業員数の強度が高いサービスベースの企業の多くは、通常、異なるネットワークおよびサービス グループ内でのみ利用可能でアクセス可能なアプリケーションを使用します。 これらのアプリケーションは非常に重要であり、そのパフォーマンスは従業員の全体的なユーザー エクスペリエンスと作業に影響を与えます。

 

ロード テスト内部アプリケーション: ビジネス上の課題

世界中の企業は、銀行のウェブアプリや従業員にリーチするための媒体として使用される従業員ポータルなどの内部アプリケーションを立ち上げています。 ファイアウォールの背後にあるプライベート ネットワーク上で実行されているこれらのアプリケーションは、重要な要件を解決しており、これらのイントラネット アプリケーションが従業員の意図した作業負荷をサポートできるかどうかを判断する必要があります。

以前は、これらのアプリケーションのロード テストを実施することは、特定のライセンス要件を使用して専門チームによる広範な事前計画を行い、追加のハードウェアをセットアップするだけで、コストがかかり、実際にはボトルネックが発生する場合もありました。 このようなテストプロセスを当てにすることは本当に不十分であり、全体的なテスト結果を提供できず、内部のウェブ アプリケーションとモバイルアプリケーションが巨大なリスクにさらされます。 今日、クラウドやその他の技術の進歩により、パフォーマンス テストの実施は迅速かつ安全であり、テストがファイアウォールの外側から行われた場合でも、ファイアウォールの内側からでも正確な結果を提供します。

この記事では、 LoadViewを使用してクラウド上で内部アプリケーションのロード テストを実行する方法について、ステップ バイ ステップ ガイドを理解します。

 

LoadView を使用した内部アプリケーションのロード テスト

 

ロードビューを使用する利点

  • LoadView は、REST API、ウェブ アプリケーション、ウェブ サイト、ユーザー体験/シナリオ、および内部アプリケーションの負荷テストを自動化できる、唯一のブラウザベースのパフォーマンス テスト ツールの 1 つです。
  • これは、ロードインジェクタのグローバルネットワークを使用して、世界中から当社のウェブサイトのパフォーマンスを迅速かつ簡単に決定することができます。
  • LoadView はサービスとしてのソフトウェア (SAAS) プロバイダーであるため、ロード テストやレポート ツールとの統合を実行するためにハードウェアとサーバーを取得するために多額の費用を費やす必要はありません。
  • Loadviewはテストを実行し、全体的なレポートを共有し、システム間の問題やボトルネックを見つけるのに役立ちます。

LoadView には、テスト シナリオに基づいてテスト アプリケーションをロードするための複数のオプションが用意されています。 内部アプリケーションの ウェブ ページをテストする場合、または ウェブ サイトのロード テストとのユーザー操作がある場合。 この機能は、両方のテストを実行するためのサポートを提供します。

 

ウェブページ

ウェブ ページの場合は、LoadView プラットアの内部で ウェブ ページ のロード テスト オプションを使用して、特定のページをストレス テストできます。 これにより、同時ユーザーが共有されている特定のアプリケーション URL をヒットする場合に役立ちます。

 

ウェブサイトのユーザーフロー

アプリケーションとのリアルタイムの相互作用をテストするために、LoadView は、画面を記録し、実行されたすべてのアクションをキャプチャし、ロード テストの実行中に再生および再利用できるスクリプトに変える Everystep Web Recorderを提供します。 たとえば、ユーザーがフォームに入力する必要がある内部銀行ポータルがある場合、EveryStep Web Recorder はフォームフィールドに送信されたすべての入力を記録し、ロード テストの実行中に同じ手順を再実行します。

 

内部アプリケーションのロード テスト: LoadView パフォーマンス テストのセットアップ

LoadView を使用してファイアウォールの内側で実行されているアプリケーションのパフォーマンス テストを実行する方法について、ステップ バイ ステップ ガイドを説明します。 LoadView は、特定の IP からのロード インジェクタを実行するオプションを提供しますが、内部アプリケーションのホワイトリストに登録する必要があります。

  1. ロードビューテストホームページを開きます。 新しいロード テストを作成するには、[ 新規作成] を選択する必要があります。

 

テスト マネージャの新しいテスト

 

  1. ウェブ アプリケーション、ウェブ ページ、ストリーミング メディア、API など、LoadView を通じて複数の種類のテストを利用できます。 ウェブ ページ アプリケーションの場合は 、[ウェブ ページ ] オプションを選択して、ロード テストのセットアップ プロセスを開始します。

 

ロード テストの種類

 

  1. 新しいウィンドウがポップアップ表示され、内部 ウェブ サイトのホスト名、ブラウザー、およびロード テストを実行する必要がある時間を追加する必要があります。 入力したら、[ デバイスの作成 ] ボタンをクリックします。

 

内部アプリケーションロードテスト

  1. デバイスが正常に作成されると、[ テスト シナリオ ] 画面が表示され、テストの目標に応じて異なる負荷の種類を設定できます。
    • 荷重ベース曲線: これは、既知の数のユーザーでロード テストを実行し、ウォームアップ時間を設定した後にトラフィックを増加させる方法です。
    • ゴールベース曲線. このテスト設定は、1 秒あたりのトランザクションを探していて、必要なレートにゆっくりと拡張する場合に使用されます。
    • ダイナミック ベースカーブ: このテストでは、テスト中にリアルタイムでユーザー負荷を変更できます。 動的な値は、ユーザー数、最大ユーザー数、テスト期間で選択できます。

 

内部アプリケーションロードテストロードカーブ

 

  1. テスト シナリオ 画面では、内部アプリケーションに入ると失敗するため、LoadView は内部ホスト名にアクセスできるかどうかを検証し始めます。 LoadView ロード インジェクタの静的 IP をホワイトリストに登録する必要があります。 [ インジェクター Geo 分布のロード] セクションまで下にスクロールすると、[ 静的プロキシを使用 ] オプションを有効にする必要があります。

 

静的プロキシ

 

  1. オプションが有効になったら、[ ゾーンの追加 ] をクリックして、トラフィックを生成するゾーンを選択します。
  2. 完了したら、[テストの 開始 ] ボタンをクリックし、[ テストの実行 ] で、この画面の [ エージェントリスト] セクションから静的 IP を把握する必要があります。

 

内部アプリケーション ロード テストの概要

 

  1. テーブル内のゾーン名の横に指定されたすべてのIPをホワイトリストに追加する必要があります。 また、ロード インジェクタの IP アドレス一覧はテストの実行ごとに一意であるため、新しいテストを実行する前に毎回新しい IP をホワイトリストに入れる必要があります。

 

  1. LoadView インジェクタの静的 IP をホワイトリストに登録した後、アプリケーションの負荷テストとストレス テストを生成できます。 ロード テストの実行が正常に完了すると、テスト対象のシステムが応答時間グラフ、同時ユーザー数グラフ、エラー数セッションなどでどのように動作するかを把握できます。 以下に、いくつかの例を示します。
平均ユーザー数の応答時間

[平均応答時間] グラフを使用したユーザーの平均数。

平均応答時間

 

ロード テスト内部アプリケーション: 結論

ロード テストは、本質的に、内部アプリケーションのコンポーネントが指定された処理負荷を処理できるかどうかを決定します。 ファイアウォールの背後からアプリケーションの負荷テストを実施する計画を実装し、LoadViewのような使いやすいソリューションを使用することで、システムが機能し、堅牢で、セキュリティを長期間確保することが、あらゆるビジネスの成功に不可欠です。 LoadView が提供するすべての機能をチェックしてください。 LoadView を使用したファイアウォールの背後にあるロード テストの詳細については、 マイクロソフトのサポート技術情報の記事を参照してください。

無料トライアルを試してみて、ロード テストクレジットで$ 20 を取得して開始してください。 または 、LoadView プラットフォームのフルウォークスルーのために、当社のパフォーマンスエンジニアの1人とデモをスケジュールします。