ページを選択

反応.js、口語的にちょうど Reactとして知られているオープンソースのJavaScriptライブラリは、Facebookが公開し、単一ページアプリケーション(SPA)と現代のウェブ アプリケーションのための動的なユーザーインターフェイスを構築するために使用されるオープンソースのJavaScriptライブラリです。 ウェブ サイトやモバイル アプリケーションのクライアント側の操作を処理できる軽量のフロントエンド ライブラリです。 ジョーダン・ウォークは、Facebookでソフトウェアエンジニアをしながらツールを設計しました。 PHP の HTML コンポーネントライブラリである XHP からインスピレーションを得ました。 このライブラリは2011年にFacebookのニュースフィードで FaxJS として初めてリリースされましたが、2013年5月までオープンソースのフレームワークとしてリリースされませんでした。

Reactの主な目的は、使いやすく、ウェブ アプリケーションを迅速に開発し、時間の経過とともにスケーラブルになることです。 フロントエンド操作を管理するために、ウェブ ブラウザーの DOM (ドキュメント オブジェクト モデル) のメモリ内表現を構築します。 これにより、開発者はアプリケーション内のすべての状態に対してビューをデザインし、変更が発生するたびに更新されたデータを使用して再利用可能な UI (ユーザー インターフェイス) コンポーネントを効率的にレンダリングできます。 Reactは仮想DOMで動作するため、ブラウザのDOMに直接アクセスした場合よりも、データ変更を処理する速度が大幅に向上します。

しかし、巧妙なテクニックにもかかわらずReactは、コンポーネントのレンダリングを速めるために重いDOM操作の量を減らす必要があります、ほとんどの場合、それはアプリケーションのパフォーマンスを最適化するのに十分ではありません。 開発者は、適切なプラクティスと信頼性の高い監視ツールを使用して、現代の期待を保証するためにさらに一歩を踏み出す必要があります。

 

ロード テスト アプリケーションが重要な理由

今日のウェブサイトやウェブ アプリケーションの成功は、ユーザーエクスペリエンスがいかにきれいでスムーズであるかによって大きく影響されます。 最新のアプリは、負荷時間を効率的に短縮し、パフォーマンスを最適化できる人だけがユーザーエンゲージメントの増加を維持できる、非常に競争の激しい市場に生きています。

アプリケーションの速度が遅いのは、コーディングの不十分さ、リソースのボトルネック、そして最終的には計画と保守の不十分な問題である可能性があります。 したがって、開発者がアプリケーションのパフォーマンス テストと絶え間ない監視を行い、システムのアーキテクチャのどの領域に注意を必要とするかを判断し、問題を軽減するための適切な対策を講じる必要があります。 この問題に効率的に対処すると、ユーザーのユーザー エクスペリエンスがスムーズになります。 ウェブ アプリケーションを起動する前にロード テストを実行しないと、その ウェブ アプリケーションがユーザーに対して一度だけ実行される方法はわかりません。 機能テストまたはブラック ボックス テストフェーズで ウェブ アプリケーションのペースを上げた場合でも、これらの機能を通常およびピークのトラフィック条件下でテストして、応答時間がパフォーマンスしきい値内に残っていることを確認し、システムが訪問者の負荷をどのように処理するかを理解する必要があります。

 

ロード時間を短縮するためのネイティブツール

開発者ツールの反応

React開発者ツールは、Chrome、Firefoxで利用可能な開発者用拡張機能であり、開発者がReactアプリケーションのコンポーネント階層を検査し、パフォーマンス情報を記録することを可能にするスタンドアロンアプリとして使用できます。 この拡張機能は、React のプロファイラー API を使用して、アプリケーションでレンダリングされ、パフォーマンスの問題を診断するために DOM にコミットされたすべてのコンポーネントに関する情報を収集するプロファイラープラグインを提供します。 次に、プロファイラーはこれらのコミットをグループ化してパフォーマンス情報を表示します。

開発者は、パフォーマンス データを表すさまざまなグラフのセッションから ウェブ アプリのコミットをフィルター処理できます。 これらのグラフでは、記録されたパフォーマンス データをコンポーネント、インタラクション、レンダリング時間でフィルター処理できます。

反応のパーフを使用する

Perf は React のコードベースのプロファイリングツールです。 アプリケーションの全体的なパフォーマンスを診断するために使用できるアドオン ライブラリ開発チームです。 これは、特定のコンポーネントのマウントやレンダリング時間などのメジャーを記録するために使用されます。 ライブラリは、データを収集する 3 つの主要なメソッドと、コンソールに印刷する 6 つのメソッドで構成されます。 start()

およびstop()

メソッドは、パフォーマンス セッションの開始と終了を決定します。 間で行われるすべての操作は記録され、測定されます。 React-addons-perf

ツールは、React 16 以降ではサポートされなくなりました。

クロム開発ツール

クロム開発ツール は、ウェブ 開発テクノロジのエンジニアや開発者が ウェブ ページをすばやく編集して変更を視覚化し、実行時に発生する問題を修正して、より良い ウェブ サイトを構築するのに役立つ ウェブ 開発者向けユーティリティです。 React アプリケーションの場合、[パフォーマンス] セクションは、どのコンポーネントが読み込まれているか、レンダリング時間が影響を受けるかを区別するのに役立ちます。

React Profiling 拡張機能と同様に、[ パフォーマンス ] タブには、開発チームによって決定された特定の場所からアプリケーションのパフォーマンスが記録されます。 ページが完全に読み込まれるか、パフォーマンス記録が停止した後、React開発者が個々の要素の読み込み時間を確認できるように、データがユーザータイミング API に公開され、JavaScript 関数呼び出しと共に、読み込み時間を改善するために診断するコンポーネントを決定するために使用されます。

反応アプリのパフォーマンスを最適化するための LoadView アプローチ

LoadView は、ウェブ サイトや ウェブ アプリケーションとのクライアント側の操作をシミュレートして複雑なユーザー パスとシナリオをテストする強力なスクリプト ツール である EveryStep Web Recorderを利用して、ウェブ アプリのテストを次のレベルに引き上げます。 EveryStep Web Recorder は、マウスのクリック、ホバー、移動、ページ上の画像とテキストの検証、メニューの選択など、複雑な相互作用をキャプチャできます。 さらに、テスト担当者は、アカウント ログイン、並べ替えとフィルター情報、動的動作のテストなど、複数のユーザーから同じアクションをシミュレートするためにカスタム データを読み込むことができます。 開発者は、テストを詳しく調べ、C# を使用してパフォーマンス スクリプトを手動で編集し、その後アプリケーション内で繰り返し実行されるタスクを自動化できます。

エブリステップ Airbnb

 

LoadView ソリューションは、ユーザーが認識しないものであっても、ウェブ アプリ コンポーネントのレンダリング時間を検査する機能を React Developers に提供します。 さらに、ウォーターフォールチャートとパフォーマンスレポートは、DOM内の見落とされた相互作用をキャプチャします。

滝グラフ

 

Reactで記述されたロードテストアプリケーション.js:結論

Reactは、今日の最もオンデマンドなフロントエンド開発ツールの1つです。 コンポーネントベースの開発構造により、開発時間が短縮され、開発者が効率的にコードを再利用できる機会を提案します。 ただし、ライブラリの高速実行時間に依存するだけでは不十分です。 開発チームは、React DevTools などのパフォーマンス監視ツールを使用して、パフォーマンスの問題を正しく特定し、アプリケーションを最適化するための適切なアクションを実行し、LoadView EveryStep Web Recorder を使用してユーザーのパスとシナリオを正確に複製して、ウェブ アプリの応答時間を遅くし、ユーザー エクスペリエンスを低下させる可能性のある隠れたボトルネックを診断する必要があります。 今すぐ EveryStep Web レコーダー を試して、React アプリケーション内でユーザーアクションのスクリプトを開始し、LoadView プラットフォーム内でロードテスト用にアップロードすることができます。

LoadView無料トライアルにサインアップし、ロードテストクレジットで$ 20を取得して、今日から始めましょう!

また、React ウェブ アプリケーションを本番環境に導入し、多数のユーザーの前に配置したら、Dotcom-Monitorの ウェブ アプリケーション監視 ソリューションで継続的な監視を設定することをお勧めします。 LoadView ソリューションは、Dotcom-Monitor プラットフォームと同じインターフェイスを共有するため、EveryStep Web レコーダーを使用して作成したスクリプトを ウェブ アプリケーション監視ソリューションにアップロードできます。 React ウェブ アプリケーションが常に使用可能で機能していることを確認します。 エラーが発生した場合、またはパフォーマンスのしきい値が満たされない場合は、すぐに警告が表示されるため、すぐに修正処置を実行できます。